Sybase ASE Recovery Kit の要件

以下に、Sybase ASE Recovery Kit を適切に設定、インストール、運用する上で必要なハードウェアとソフトウェアを挙げます。

LifeKeeper for Linux Sybase Recovery Kit をインストールする前に、LifeKeeper の構成が次の要件を満たしている必要があります。LifeKeeper のハードウェアとソフトウェアのインストールと設定に関する具体的な手順については、 SPS for Linux Installation Guide を参照してください。

ハードウェア要件

  • IP ネットワークインターフェースカード - 各サーバは、イーサネット TCP/IP をサポートするネットワークインターフェースカードを 1 つ以上必要とします。ただし、LifeKeeper クラスタは、少なくとも 2 つのコミュニケーションパスを必要とすることに注意してください。LAN を使用した 2 つのコミュニケーションパスは、ハートビート用に別々のサブネットに接続することをお勧めします。また、少なくともどちらか 1 つのサブネットは、プライベートネットワークとして設定します。TCP と TTY のハートビートの組み合わせもサポートされています。
  • ストレージ – サーバは、LifeKeeper でサポートされている共有ストレージ、もしくは LifeKeeper for Linux Data Replication ストレージを使用するように設定する必要があります。

ソフトウェア要件

  • TCP/IP ソフトウェア – LifeKeeper 環境の各サーバには TCP/IP ソフトウェアが必要です。
  • Sybase ASE ソフトウェア – LifeKeeper は、 Sybase ASE ソフトウェアのバージョン 15.5 およびそれ以降をサポートしています。このバージョンは、Sybase Inc. の http://www.sap.com/japan/index.html から入手できます。 注記: クラスタ内の全サーバに同じバージョンの Sybase ASE ソフトウェアをインストールする必要があります。また、LifeKeeper の保護下にあるサーバ上にインストール可能な Sybase ASE ソフトウェアバージョンは 1 つのみです。
  • LifeKeeper ソフトウェア – クラスタ内の各サーバにインストールする LifeKeeper ソフトウェアのバージョン、および、適用する LifeKeeper ソフトウェアパッチのバージョンが同一であることが絶対条件です。
  • LifeKeeper for Linux IP Recovery Kit – LifeKeeper for Linux IP Recovery Kit は、LifeKeeper for Linux Sybase ASE Recovery Kit により必要とされます。LifeKeeper for Linux IP Recovery Kit は、FTP ダウンロードにより LifeKeeper for Linux Core イメージファイルで提供されます。
  • LifeKeeper for Linux Sybase ASE Recovery Kit – Sybase ASE Recovery Kit は、FTP ダウンロードによりイメージファイルで提供されます。Red Hat Package Manager (rpm) でパッケージされており、rpm を使用してインストール / アンインストールを行います。LifeKeeper for Linux Sybase ASE Recovery Kit の FTP ダウンロードによるイメージファイルには、次の rpm ファイルが格納されています。

steeleye-lkSYBASE

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信