お使いの環境に Oracle、DB2、MySQL などの保護されたデータベースアプリケーションが含まれている場合は、データベースに付属のドキュメンテーションを使用してアプリケーションをインストールする必要があります。データベースが共有ファイルシステム上にあり、設定ファイルが共有ファイルシステム上にあることを確認してください。実行可能ファイルは、ローカルまたは共有のファイルシステム上に置くことができます。

LifeKeeper をインストールした 後に アプリケーションをインストールすることも可能ですが、LifeKeeper の保護下に置く前に、適切に設定され稼動することを確認するためにアプリケーションをテストする必要があります。その他のインストールおよびセットアップの特定の考慮事項については、LifeKeeper データベースリカバリキットドキュメンテーション を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信