構成 1:アクティブ/スタンバイ設定の例

図1: 典型的なLifeKeeper アクティブ/スタンバイPostfix 環境 1

  • Postfix の設定ファイルは個々のサーバ内に設定
  • Postfix の実行ファイルおよび、デーモンプログラムは個々のサーバ内に設定
  • キュー領域 /var/spool/postfix は共有ストレージ上に設定
  • スプール(メールボックス)領域 /var/spool/mail は共有ストレージ上に設定

図2: 典型的なLifeKeeper アクティブ/スタンバイPostfix 環境 2

  • Postfix の設定ファイルは共有ストレージ上に設定
  • Postfix の実行ファイルおよび、デーモンプログラムは共有ストレージ上に設定
  • キュー領域 /var/spool/postfix は共有ストレージ上に設定
  • スプール(メールボックス)領域 /var/spool/mail は共有ストレージ上に設定

構成 2:アクティブ/アクティブ設定の例

図3: 典型的なLifeKeeper アクティブ/アクティブPostfix 環境 3

[インスタンス1 はServer1 上でアクティブ]

Postfixの設定ファイルパス : /etc/postfix

Postfix の実行ファイルパス : /usr/sbin

キュー領域 : /sdb1/inst1/postfix

メールスプール領域 : /sdb1/inst1/mail

<main.cf>

inet_interfaces = 10.1.5.25, localhost

[インスタンス2 はServer2 上でアクティブ]

Postfix の設定ファイルパス : /etc/postfix2

Postfix の実行ファイルパス : /usr/sbin

キュー領域 : /sdc1/inst2/postfix2

メールスプール領域 : /sdc1/inst2/mail2

<main.cf>

inet_interfaces = 10.1.5.26

alternate_config_directories = /etc/postfix2

LifeKeeper GUIで Postfix リソースの階層構造は下記のようになります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信