MySQL データベースクライアントを設定する上で、次のような考慮事項があります。

  • クライアントがリモートホストから接続する場合、クライアントが接続に使用する LifeKeeper 保護下の IP アドレスを 1 つ作成します。
  • クライアントは、LifeKeeper が保護する IP アドレス経由でデータベースサーバに接続するよう設定する必要があります。
  • クライアントがドメイン名を使用して接続する場合は、各クライアントの hosts ファイル内に保護する IP アドレスのエントリを作成するか、DNS 内に名前を設定します。クラスタ内のすべてのクライアントおよびすべての LifeKeeper サーバから ping を実行して、保護する IP アドレスをテストします。
  • 各ユーザは、それぞれのマシンのホームディレクトリに my.cnf ファイルを持つことができますが、L-ifeKeeper は /etc ディレクトリまたはデータディレクトリにある my.cnf ファイルのみを使用します。 my.cnf ファイルにはクライアント接続情報(つまり、ポート、ソケット ID、ユーザ、パスワード)が格納されています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信