SNMP (Simple Network Management Protocol) は、ネットワークを管理するための、デバイスに依存しないフレームワークです。ネットワーク上のデバイスは、デバイスのベンダーが提供する MIB (Management Information Base) 変数によって記述されます。ネットワーク内の各ノード上では SNMP エージェントが実行され、ネットワークマネージャノードと通信を行います。ネットワークマネージャは、エージェントに対するクエリで MIB 変数の値を取得、設定することにより、エージェントノードを監視、制御します。エージェントは、トラップと呼ばれるメッセージを非同期に生成して例外イベントの発生をマネージャにしらせることもできます。SNMP (Simple Network Management Protocol) を使用してネットワークを監視および管理するアプリケーションは多数提供されています。

LifeKeeper のイベント通知機能では、特定のイベントが起きたときに通知を受信するアプリケーションを登録することができます (sendevent(5) マニュアルページを参照)。LifeKeeper は、LifeKeeper の動作を監視するサードパーティのネットワーク管理コンソールに向けて LifeKeeper の重要なイベントに関する SNMP トラップ通知を送信するように簡単に設定できます。  

SNMP トラップを受信するリモート管理コンソールは、最初にそのシステムの管理用ソフトウェアを使用して設定する必要があります。LifeKeeper は、外部の SNMP の設定機能を提供していません。リモート管理サーバは、通常、LifeKeeper クラスタの外側に配置されます (つまり LifeKeeper のノードではありません)  

LifeKeeper イベントテーブル

以下の表では、LifeKeeper のイベントのリストと関連付けられているトラップ番号を示しています。オブジェクト ID (OID) は、プリフィックスとそれに続く個別のトラップ番号から、次のフォーマットで構成されます。

prefix.0.specific trap number

プリフィックスは「.1.3.6.1.4.1.7359」であり、これは MIB ツリーで iso.org.dod.internet.private.enterprises.7359 に展開されます(7359 は、SteelEye (SIOS Technology) の企業番号です。LifeKeeper を表す「1」をこれに続けます)。例えば、「LifeKeeper Startup Complete」イベントは次の OID を生成します: .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.100

LifeKeeper イベント/説明 トラップ番号 オブジェクト ID

LifeKeeper Startup Complete

LifeKeeper が起動したノードから送信されます

100 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.100

LifeKeeper Shutdown Initiated

LifeKeeper のシャットダウンを開始したノードから送信されます

101 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.101

LifeKeeper Shutdown Complete

LifeKeeper のシャットダウンを完了したノードから送信されます

102 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.102

LifeKeeper Manual Switchover Initiated on Server

手動スイッチオーバを要求したノードから送信されます

110 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.110

LifeKeeper Manual Switchover Complete – recovered list

手動スイッチオーバを完了したノードから送信されます

111 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.111

LifeKeeper Manual Switchover Complete – failed list

手動スイッチオーバに失敗したクラスタ内の各ノードから送信されます

112 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.112

LifeKeeper Node Failure Detected for Server

クラスタ内のノードに障害が発生したときに、クラスタ内の各ノードから送信されます

120 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.120

LifeKeeper Node Recovery Complete for Server – recovered list

障害ノードからのリソースをリカバリしたクラスタ内の各ノードから送信されます

121 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.121

LifeKeeper Node Recovery Complete for Server – failed list

障害ノードからのリソースのリカバリに失敗したクラスタ内の各ノードから送信されます

122 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.122

LifeKeeper Resource Recovery Initiated

リソースをリカバリしているノードから送信されます。リカバリが完了したか失敗したかを示す 131 または 132 トラップが必ずこれに続きます。

130 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.130

LifeKeeper Resource Recovery Failed

リカバリを試みたリソースを稼働できなかったときに、トラップ 130 を送信したノードから送信されます

131* .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.131

LifeKeeper Resource Recovery Complete

リソースのリカバリが完了したときに、トラップ 130 を送信したノードから送信されます

132 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.132

LifeKeeper Communications Path Up

ノードへのコミュニケーションパスが確立されました

140 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.140

LifeKeeper Communications Path Down

ノードへのコミュニケーションパスがダウンしました

141 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.141

LifeKeeper <Node monitoring> Failure

Standby Node Health Check における Node監視で異常を検知したときに、異常を検知したノードから送信されます。<Node monitoring> には、検知した異常の内容が記載されます。

190 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.190

LifeKeeper <OSUquickCheck> Failure

Standby Node Health Check における OSUリソース監視で異常を検知したときに、異常を検知したノードから送信されます。<OSUquickCheck> には、異常が検知されたリソースのタグ名が記載されます。

200 .1.3.6.1.4.1.7359.1.0.200
トラップ PDU に追加情報を含めるために以下の変数が使用されます。:
Trap message すべてのトラップ .1.3.6.1.4.1.7359.1.1
Resource Tag 130 .1.3.6.1.4.1.7359.1.2
Resource Tag 131 .1.3.6.1.4.1.7359.1.2
Resource Tag 132 .1.3.6.1.4.1.7359.1.2
List of recovered resources 111 .1.3.6.1.4.1.7359.1.3
List of recovered resources 121 .1.3.6.1.4.1.7359.1.3
List of failed resources 112 .1.3.6.1.4.1.7359.1.4
List of failed resources 122 .1.3.6.1.4.1.7359.1.4

* 複数のバックアップサーバでリカバリに失敗すると、このトラップは複数回表示されることがあります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信