エンキューサーバーおよびエンキューレプリケータープロセス(それぞれASCSおよびERSインスタンスプロファイル内に存在)のRestart_ProgramパラメーターをStart_Programに変更して、sapstartユーティリティがそれらを自動的に再起動しないようにします。また、両方のインスタンスプロファイルのエントリ「Autostart = 0」を「Autostart = 1」に変更し、システムの再起動時に各インスタンスが自動的に再起動しないようにしてください。

次の手順を実行する前に、アクティブなASCSおよびERSインスタンスプロファイルの場所を特定します。これは、「pf=」パラメーターとしてsapstartsrvに提供されたファイルのパスを調べることにより、/usr/sap/sapservicesファイルで見つけることができます。

LD_LIBRARY_PATH=/usr/sap/SID/ASCS00/exe:$LD_LIBRARY_PATH; export

LD_LIBRARY_PATH; /usr/sap/SID/ASCS00/exe/sapstartsrv

pf= /usr/sap/SID/SYS/profile/SID_ASCS00_sap1 -D -u SIDadm

LD_LIBRARY_PATH=/usr/sap/SID/ERS10/exe:$LD_LIBRARY_PATH; export

LD_LIBRARY_PATH; /usr/sap/SID/ERS10/exe/sapstartsrv

pf= /usr/sap/SID/SYS/profile/SID_ERS10_sap2 -D -u SIDadm

この例では、アクティブなASCSインスタンスプロファイルは/usr/sap/SID/SYS/profile/SID_ASCS00_sap1 に、アクティブなERSインスタンスプロファイルは /usr/sap/SID/SYS/profile/SID_ERS10_sap2 にあります。

手順

  1. 以下のように、ASCSインスタンスプロファイルを編集します。

a. 「Autostart = 1」を「Autostart = 0」に変更するか、「Autostart = 0」という行を手動で追加します。

b. エンキューサーバープロセスを開始するプロファイル内の行の正確な形式は、スタンドアロンエンキューサーバーフレームワークのバージョン1または2のどちらが使用されているかによって異なります。次の表に従ってプロファイルを変更してください。

変更前(この行が表示されたら、右の列の内容に変更してください) 変更後
Restart_Program_01 = local $(_EN) pf=$(_PF) Start_Program_01 = local $(_EN) pf=$(_PF)
Restart_Program_01 = local $(_ES2) pf=$(_PF) Start_Program_01 = local $(_ES2) pf=$(_PF)
Restart_Program_01 = local $(_ENQ) pf=$(_PF) Start_Program_01 = local $(_ENQ) pf=$(_PF)
  1. すべてのエントリが正しいことを確認し、ASCSインスタンスプロファイルへの変更を保存します。
  1. ERSインスタンスプロファイルを次のように編集します。

a. 「Autostart = 1」を「Autostart = 0」に変更するか、「Autostart = 0」という行を手動で追加します。

b. エンキューレプリケータープロセスを開始するプロファイル内の行の正確な形式は、スタンドアロンエンキューサーバーフレームワークのバージョン1または2のどちらが使用されているかによって異なります。次の表に従ってプロファイルを変更してください。

変更前(この行が表示されたら、右の列の内容に変更してください) 変更後
Restart_Program_00 = local $(_ER) pf=$(_PFL) NR=$(SCSID) Start_Program_00 = local $(_ER) pf=$(_PFL) NR=$(SCSID)
Restart_Program_00 = local $(_ER2) pf=$(_PF) Start_Program_00 = local $(_ER2) pf=$(_PF)
Restart_Program_00 = local $(_ENQR) pf=$(_PF) Start_Program_00 = local $(_ENQR) pf=$(_PF)
  1. すべてのエントリが正しいことを確認し、変更をERSインスタンスプロファイルに保存します。
  1. システムを再起動して、更新されたプロファイルが読み込まれ、キャッシュが有効になっていないことを確認することを推奨します。
  1. また、本番環境のワークロードに適用する前に、常にテスト環境での変更を検証することを推奨します。

注記:

  1. エントリ「Autostart = 0」と「Start_Program_xx …」は、各インスタンスプロファイルの別々の行にある必要があります。
  1. Start_Program_xxまたはRestart_Program_xxエントリの番号xxは、お使いのシステムでは異なる場合があります。この例で指定されている数字と一致するように変更する必要はありません。
  1. JavaベースまたはデュアルスタックのJava+ABAPデプロイメントには、SCSセントラルサービスインスタンスがあります。この場合、SCSインスタンスに対しても手順1〜3を実行する必要があります。
  1. Start_ProgramとRestart_Programの違いの詳細については、SAP Note 768727(Automatic restart functions in sapstart for processes)を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信