アクティブ / アクティブペアの設定では、すべてのサーバがプロセスをアクティブに実行します。また、他のサーバのリソース階層ではバックアップサーバとして機能します。

以下の設定例に、2 つのアクティブ / アクティブペアのサーバを示します。サーバ 1 は AppA を処理していますが、サーバ 2 で実行中の AppX のバックアップサーバとして機能します。この逆も当てはまります。サーバ 2 は AppX を処理していますが、サーバ 1 で実行中の AppA のバックアップサーバとして機能します。サーバ 3 とサーバ 4 の間には、同じタイプのアクティブ/アクティブの関係があります。

サーバ 1 とサーバ 2 の設定と、サーバ 3 とサーバ 4 の設定は似ていますが、大きな違いがあります。 AppAAppX のアプリケーションについて、サーバ 1 とサーバ 2 のみをグループ化できます。これらのサーバのみが、共有リソースにアクセスできます。

ただし、 AppBAppC は、複数のグループ化オプションを持ちます。これは、4 台のサーバすべてが AppBAppC の共有リソースにアクセスできるからです。 AppBAppC は、第 3、第 4 のバックアップシステムとしてサーバ 1 や サーバ 2 にフェイルオーバするように設定することもできます。

注記: LifeKeeper はディスクレベルでロックを適用するので、 AppBAppC のディスクリソースに接続する 4 つのシステムのうち、任意の時点でそれらにアクセスできるのは 1 つのみです。このため、サーバ 3 がアクティブに AppB を処理しているときには、サーバ 1、サーバ 2、および サーバ 4 は物理的に接続していても AppB のディスクリソースを使用できません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信