DataKeeper リソースを In Service にする操作は、リソースの作成と似ています。LifeKeeper は nbd サーバとクライアントを起動し、ソースとターゲットのデバイス間でデータを同期する md デバイスを起動して、ファイルシステムをマウントします(該当する場合)。

  1. 右側のペインにある DataKeeper リソースインスタンス を右クリックしてください。
  1. ポップアップメニューの [In Service] をクリックしてください。選択したサーバとリソースを In Service にすることを確認するダイアログボックスが表示されます。 [In Service] をクリックしてリソースを In Service にしてください。
  1. 情報ボックスに、 In Service にするリソースの結果が表示されます。この操作に関連するリソースの依存関係が確認ダイアログに表示されます。 [Done] をクリックしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信