Sybase Software Asset Management (SySAM) を使用すると、ライセンスされた Sybase 製品を管理できます。Sybase ASE サーバの起動時に、各 ASE サーバコンポーネントは、特定の機能を実行するための権限があるかどうか、その環境のライセンスファイルを確認します。ASE サーバがこの作業を実行するためには、ライセンスマネージャとベンダモジュールが実行中である必要があります。LifeKeeper for Linux Sybase ASE Recovery Kit は、SySAM ライセンスマネージャに対する保護を提供していません。ライセンスマネージャは、冗長化されたサーバシステム内に設定することを推奨します。冗長化されたサーバシステムでは、冗長化されたライセンスにより、ローカルサーバをキューの 1 番目のライセンスサーバとして指定し、リモートサーバをバックアップライセンスサーバに指定することができます。SySAM アプリケーションは、まず 1 番目のサーバのライセンスファイルからライセンスをチェックアウトしようとします。何らかの理由でそのサーバに障害が発生した場合、リストの 2 番目にあるサーバにアクセスし、以下同様に実行されます。冗長化されたライセンスサーバ環境のユーザプロファイルで、LM_LICENSE_FILE 変数を正しく設定する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信