• SMTP サービスが使用する IP アドレスを指定している場合、その IP アドレスは LifeKeeper で保護している仮想 IP アドレスである必要があります。
  • main.cf

以下の項目はPostfix Recovery Kit から参照されるため指定する必要があります。

  • º mail_owner
  • º setgid_group
  • º daemon_directory
  • º command_directory
  • º process_id_directory
  • º inet_interfaces

all または仮想 IP アドレスを指定します。仮想 IP アドレスは複数指定可能です。

  • º queue_directory
  • º mail_spool_directory
  • master.cf

以下の項目は必須で指定する必要があります。

  • º smtpd を起動するための、smtp(s) サービスエントリ
  • queue_directory 値のディレクトリは共有ストレージ上にある必要があります。そのディレクトリのファイルシステムは LifeKeeper により保護(ファイルシステムリソース) されている必要があります。
  • メールボックスに共有されるデータが格納される場合、mail_spool_directory 値のディレクトリも共有ストレージ上にある必要があります。
  • postfix オーナーID は全てのクラスタサーバ上で一致している必要があります。
  • postdrop(setgid group) のグループID は全てのクラスタサーバ上で一致している必要があります。
  • PostfixサービスはLifeKeeperが制御するので、システム起動時の自動起動を無効にする必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信