lkbackup を使用したバックアップの作成

以下のコマンドを実施してバックアップを作成してください。

/opt/LifeKeeper/bin/lkbackup –c

以下のファイルにバックアップが作成されます。

/opt/LifeKeeper/config/archive.<date-time-stamp>.tar.gz

自動 lkbackup

自動 lkbackup の時間を変更するには

  1. /etc/crontab にアクセスします。

エントリーは以下のようになっています。

0 3 * * * root /opt/LifeKeeper/bin/backupadm -c (0 3 はバックアップが実施される時刻を表し、この例では毎日 3:00 にバックアップが実施されます。)

  1. 時刻を変更します。

バックアップからリストアを実行する

以下のコマンドを使用してリストアを実行します。

  1. /opt/LifeKeeper/bin/lkcli stop
  1. /opt/LifeKeeper/config/lkbackup –x –f <file-name>
  1. /opt/LifeKeeper/bin/lkcli start

DataKeeper リソースで lkbackup を使用する場合は、 全同期 が必要です。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信