このドキュメントでは新しい仮想マシン(VM)に共有ディスクを作成し、アタッチする方法を説明します。既存のVMを使用する場合は、ステップ3「Create and attach a new disk」に進み、ステップ4で既存のVMに追加してください。新しいVMを追加する代わりに、既存のVMを編集します。ステップ7では “SCSI-3 Persistent Reservations (SCSI3) Recovery Kit” が必要です。必要に応じてインストーラーで更新して追加してください。

  1. ストレージのアカウントを作成する。
    1. 新規リソースグループの作成

  1. リソースグループにVMを作成します。(例では ShareStorageSLES というリソースグループに test-cluster-sles15-1 というVMを作成しています)

  1. Create and attach a new disk を選択して、共有する新しいディスクを作成します。

Enable shared disk を選択し max shares を指定します(2ノードクラスタのため max shareは2を指定します 。)

  1. 同じリソースグループの同じゾーン に2つ目のVM(例では test-cluster-sles15-2 )を作成します。 Create and attach a new diskを選択するのではなく、 Attach an existing diskを選択します

ステップ3で作成したディスクを選択してください。

  1. プライマリノード(例では“test-cluster-sles15-1”)にSSHでログインし、その後ディスクのパーティション分割とフォーマットを行います。

  1. LifeKeeper本体と仮ライセンスキーのダウンロード・転送します。

  1. LifeKeeperをインストールします。
    1. SCSI3リカバリーキットが 自動的に 選択されることに注意してください。

  1. コミュニケーションパスを設定します。

  1. 仮想マシン(例ではtest-cluster-sles15-1)で共有ディスクにパーティションを作成してください。

a. test-cluster-sles15-2 でパーティションテーブルを更新します。

  1. パーティションにファイルシステムを作成します。

  1. ファイルシステムリソースを作成(Create)します。

  1. スタンバイノードにファイルシステムを拡張(Extend)します。

  1. 以上で手順は完了です。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信