このチュートリアルでは、3つのノードを作成します。Node-AとNode-Bはそれぞれアクティブ・ノードとスタンバイ・ノードとして使用されます。これら2つのノードに加え、Node-C(Quorum/Witnessノード)も作成します。(Quorum/Witness Nodeの必要性については、 What is を参照してください)。

クラウド環境に移行する際のワークロードの分散方法 で説明したように、SIOSは異なるアベイラビリティゾーン(データセンター)内でワークロードを分割して使用することを強く推奨しています。

以下のトピックでは、異なるアベイラビリティゾーンのノードを作成します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信