LifeKeeper for Linux は、既存の階層を保ちながら将来のリリースにアップグレードすることができます。この情報をよく検討して、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えるようにしてください。

  1. クラスターをアップグレードする場合、アップグレードするサーバーからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには手動で行うか、または LifeKeeper のシャットダウンストラテジーを 「Switchover」 に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバーがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます。シャットダウンストラテジーの詳細については サーバーのシャットダウンストラテジーの設定 を参照してください.
  2. セットアップスクリプトの操作 を参照して LifeKeeper をアップグレードします
  3. アップグレードされたサーバーにすべてのアプリケーションを切り替えてください。
  4. アップグレードする LifeKeeper クラスタ内の各サーバーに対してこの手順を繰り返します。専用の Quorum/Witnessノード(リソースインスタンスを持たないノード)を含むクラスタでは、LifeKeeper をアップグレードする前にアプリケーションを切り替える必要はありません。

LifeKeeper 搭載ノードの OS/カーネルをアップグレードする

注意

OS をアップグレードする際には、現在インストールされている LifeKeeper がアップグレード後の OS をサポートしているかを確認する必要があります。サポートしていない場合は、LifeKeeper のアップグレードも必要になります。 サポート対象のオペレーティングシステム を参照して確認してください。

OS をアップグレードする前に、lkbackup コマンド にて LifeKeeper 設定のバックアップを実施することを推奨します。

  1. クラスターをアップグレードする場合、そのアップグレードされるサーバーからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには、手動で行うか、または LifeKeeper のシャットダウンストラテジーを「Switchover」に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバーがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます。
  2. LifeKeeper を停止させてください
  3. OS/Kernelのアップグレードを実施してください。( 再起動 が必要かどうかのメッセージが表示されます。)
    1. 注意: アップグレード後、再起動が 必要 な場合は下記の インストール/アップグレード後に再起動が必要なシナリオ を参照してください。
  4. 新しいOS/カーネルに対応するために必要であれば、LifeKeeper をアップグレードしてください。アップグレードしない場合でも、LifeKeeperセットアップを再度実行し、新しいOS / カーネルに対応する設定を更新する必要があります。
  5. LifeKeeper を起動してください
  6. アップグレードされたサーバーにすべてのアプリケーションを切り替えてください
  7. この手順を LifeKeeperクラスター内の全てのサーバーに対して実行します。ただし、専用のQuorum/Witnessノード(リソースインスタンスを持たないノード)を含むクラスターでは、LifeKeeper を更新する前にアプリケーションの切り替えは必要ありません。
  8. アップグレード中に LifeKeeper GUI(/opt/LifeKeeper/bin/lkGUIserver restart) が起動していた場合は、GUI を再起動します。

インストール/アップグレード後に再起動が必要なシナリオ

  1. LifeKeeper のセットアップスクリプトが必要なカーネルモジュールをリロードできない場合は、システムを 再起動する必要があります 。このケースではセットアップスクリプトが 次のような警告を表示します。
    • Unable to reload modules after adding LifeKeeper for Linux specific configuration information in /etc/modprobe.d. Please reboot your system after setup completes to ensure these modules load correctly and allow LifeKeeper for Linux to function properly.
    • Updated some modules for DataKeeper. Reboot the system to use the new module.
  1. secure boot を無効にした場合はシステムの 再起動が必要になります 。DataKeepperのインストール時に secure boot が有効になっている場合は、セットアップスクリプトが以下のような警告を表示します。
    • Secure Boot cannot be enabled in a DataKeeper environment. Please take one of the following actions: a) Disable Secure Boot [recommended] or b) Disable signature verification (mokutil —disable-validation)“.

カーネルのアップグレード後の新しいマウントオプションまたは非推奨のマウントオプション

Linux カーネルをアップグレードすると、既存のファイルシステムマウントオプションの一部が新しいカーネルで非推奨になったり、新しいカーネルが新しいデフォルトマウントオプションを、既存のマウントに追加したりする可能性があります。 たとえば、「nobarrier」マウント オプションは RedHat Enterprise Linux 8 で廃止され、一部のカーネルバージョンでは「logbufs=8」や「logbsize=32k」などの新しいデフォルトマウントオプションが追加されました。

LifeKeeper で保護されたファイルシステムリソースに、カーネルのアップグレード後に廃止されるマウントオプションが含まれている場合、廃止されたオプションは、クラスター内のすべてのサーバーで LifeKeeper リソースのマウントオプションのリストから削除する必要があります。詳細については LifeKeeper ファイルシステムリソースのマウントオプションの変更 を参照してください。

カーネルのアップグレード後に、LifeKeeper で保護された既存のマウントポイントに、カーネルによって新しいデフォルトのマウントオプションが追加された場合、クラスター内のすべてのサーバーで LifeKeeper リソースのマウントオプションのリストに、新しいオプションを追加する必要があります。詳細については LifeKeeper ファイルシステムリソースのマウントオプションの変更 を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信