これまでに、3つのノードにそれぞれLifeKeeper for Linuxがインストールされ、使用できるようになっているはずです。

GUIを使用したLinuxノードへの接続

LifeKeeperには、クラスターを構成するためのGUIアプリケーションがあります。LifeKeeper GUIへのアクセスの詳細については、 x11転送を使用したLinuxノードへの接続 を参照してください。

基本設定

このチュートリアルでは、以下のIPアドレス範囲を持つ3つのノードが存在します。

ノード
IPアドレス
node-a (稼働系) 10.20.1.10
node-b (待機系) 10.20.2.10
node-c (Quorum / Witness) 10.20.3.10

基本設定は、以下の手順で実施します。


Note: クラスターには、node-c(Quorum/Witness)を含めて3つのノードがあります。したがって、ノードのすべてのペア間に双方向のコミュニケーションパスを作成するには、3つのコミュニケーションパスを定義する必要があります。

  • node-a <—> node-b
  • node-a <—> node-c
  • node-b <—> node-c

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信