作成時に各クラスターリソースをテストすることをお勧めします。これは、クラスター作成プロセスの早い段階で、構成の誤りやその他の問題を特定するのに役立ちます。

LifeKeeper ユーザーインターフェースで、スタンバイノードのリソースを右クリックし、コンテキストメニューから [In Service…] を選択します。これにより、スタンバイノードへのスイッチオーバーが強制されます。

スイッチオーバーが確認されると、LifeKeeper はリソース(依存リソースを含む)をスタンバイノードにスイッチオーバーします。

スイッチオーバーが正常に完了すると、node-b がアクティブノードとしてリストされます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信