従来のデータセンターのシナリオでは、データは一般的にストレージエリアネットワーク(SAN)に保存されます。クラウド環境では通常、共有ストレージはサポートされていません。

SIOS DataKeeperは、レプリケーションテクノロジーを使用して「共有」ストレージを提供し、現在アクティブなデータのコピーを作成します。RAID1デバイス(デバイス間でミラーリングされたデータ)として機能するNetRAIDデバイスを作成します。
データの変更は、ミラーソース(アクティブノード上のディスクデバイス – 下図のノードA)からミラーターゲット(スタンバイノード上のディスクデバイス – 下図のノードB)に複製されます。

両デバイス間のデータの整合性を保証するため、アクティブノードのみが複製されたデバイス(以下の例では/datakeeperマウントポイント)への書き込みアクセス権を持ちます。複製されたデバイス(/datakeeperマウントポイント)がミラーターゲットの間(スタンバイノード上)はアクセスできません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信