ASCS リソース階層を作成する

  1. LifeKeeper GUI アイコンをクリックし、 Create Resource Wizard を開きます。「SAP」Recovery Kitを選択します。

  1. 次の値を入力して LifeKeeper リソース (SAP-SPS_ASCS10) を作成および拡張し、node-a および node-b の ASCS10 インスタンスを保護します。リソースは node-a で作成され、node-b に拡張されることに注意してください。 また、作成されたリソースは、Witness ノードである node-c に拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
SAP SID SPS
SAP Instance for SPS ASCS10
IP child resource ip-sps-ascs
Automate dependent filesystem creation no
Dependent filesystem resource /usr/sap/SPS/ASCS10,nfs-/export/sapmnt/SPS
SAP Tag SAP-SPS_ASCS10
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend gen/app Resource Hierarchy Wizard
Root Tag SAP-SPS_ASCS10

SAP-SPS_ASCS10 リソースが正常に作成され、node-b に拡張されると、LifeKeeper リソースパネルは以下のようになります。

  1. SAP-SPS_ASCS10 リソースを右クリックし、ドロップダウンメニューから [Create Dependency…] を選択します。

Child Resource Tag には、 nfs-/export/usr/sap/trans リソースを指定します。

Next> をクリックして続行し、 [Create Dependency] をクリックして依存関係を作成します。

作成された階層は以下のようになります。

ERS リソース階層を作成する

  1. LifeKeeper GUI アイコンをクリックして、 Create Resource Wizard を開きます。「SAP」Recovery Kit を選択します。

  1. 以下の値を入力して LifeKeeper リソース (SAP-SPS_ERS20) を作成して拡張し、node-a および node-b の ERS20 インスタンスを保護します。このリソースは node-b で作成され、node-a に拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witness ノードである node-c に拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
SAP SID SPS
SAP Instance for SPS ERS20
IP child resource ip-sps-ers
Dependent filesystem resource /usr/sap/SPS/ERS20
SAP Tag SAP-SPS_ERS20
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend gen/app Resource Hierarchy Wizard
Root Tag SAP-SPS_ERS20

SAP-SPS_ERS20 リソースが正常に作成され、node-a に拡張されると、LifeKeeper リソースパネルは以下のようになります。

これでASCS10とERS20のインスタンスがLifeKeeperによって正常に保護されました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信