設定可能なパラメーター一覧を下記に記載します。

パラメーター
説明
HC_TIMEOUT ロードバランサーからの接続タイムアウト値として設定します。指定された秒数のあいだ接続がない場合は障害として扱われ、フェイルオーバーを実行します。デフォルト値は 60 秒です。このパラメータは、/etc/default/LifeKeeper で設定します。

設定例:
HC_TIMEOUT=30
HC_READ_TIMEOUT ロードバランサーからのデータ到達までのタイムアウト値として設定します。指定された秒数だけデータがない場合、ロードバランサーに応答文字列を送信し、その後TCPコネクションを閉じます。デフォルト値は 10 秒です。このパラメータは、/etc/default/LifeKeeper で設定します。

設定例:
HC_READ_TIMEOUT=20

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信