典型的なWebSphere MQ階層はWebSphere MQキューマネージャーリソースによって構成されます。また、ファイルシステム構成や IP リソースの有無に応じて、1 つまたは複数のファイルシステムリソースが含まれます。具体的な階層構成は、保護する内容によって変わります。IP リソースを WebSphere MQ リソース階層に含める場合、WebSphere MQ キューマネージャリソースを作成する前に管理者はその IP を作成し、またその IP リソースをプライマリサーバー上でアクティブにする必要があります。ファイルシステム階層は、WebSphere MQ キューマネージャリソースの作成中に自動的に作成されます。しかし、ファイルシステムリソースにレプリケーション (SIOS DataKeeper)ファイルシステムを使用する場合は、MQリソースを作成する前に作成する必要があります。

図 1 一般的な WebSphere MQ 階層 (シンボリックリンク)

図 2 一般的な WebSphere MQ 階層 (LVM 設定)

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信