ノード間のデータレプリケーションのしくみ はRAID1 デバイスとして機能する NetRAID デバイスを作成します。

このガイドでは、例として次のパラメータを使用しています。DataKeeper がインストールされているローカル環境に応じて、これらのパラメーターを置き換えてください。

項目
Disk Device Name for Replication

/dev/xvdb (the second storage device attached)

注記: ストレージデバイス名は、環境によって異なる場合があります。

Mount point /datakeeper
  1. レプリケーション用のディスクを準備するには、次のいずれかのトピックを参照してください。
  1. ディスクをプライマリノード(node-a)にマウントします。

マウントするストレージデバイスの名前 (/dev/xvdb1 または /dev/sdc1)を必ず確認してください。

  1. LifeKeeper ユーザーインターフェースで、新しいリソースを定義します。 を選択して、「Create Resource Wizard @ node-a」を開始します。Recovery Kitに「Data Replication」を選択します。

  1. 次の値を入力します。デフォルト値を選択します。
フィールド
Switchback Type intelligent
Server node-a
Hierarchy Type Replicate Existing Filesystem
  1. マウントポイント /datakeeperを選択します。ウィザードはすでにシステムをスキャンしており、このフィールドの候補として /datakeeper が表示されます。

  1. ウィザードで、選択の確認を求められます。[Continue] を選択して次に進みます。

  1. フィールドに次の値を入力します。デフォルト値を選択します。
フィールド
Data Replication Resource Tag datarep-datakeeper
File System Resource Tag /datakeeper
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__datakeeper
Enable Asynchronous Replication? no
  1. 「Create Data Replication Resource Hierarchy」ウィザードにこれらの値が表示されます。[Next] を選択して続行します。

  1. 次は「Pre-Extend Wizard」です。デフォルト値を選択します。

フィールド
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10

「Pre-Extend Wizard」のチェックに合格したら、[Next] を選択して続行します。

  1. 「Extend gen/filesys Resource Hierarchy」ウィザードでは、まずスタンバイノードとしてディスクを選択します。ドロップダウンリストからディスクを選択します。

  1. 次のページで、デフォルト値を選択します。
フィールド
Mount point /datakeeper
Root Tag /datakeeper
Target Disk /dev/xvdb1 (20G)
Data Replication Resource Tag datarep-datakeeper
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__datakeeper
Replication Path 10.20.1.10/10.20.2.10

「Extend Wizard」が正常に完了したら、[Finish] を選択します。

これで、データを複製するようにディスクが構成されました。以下に示すように、データの完全な初期同期が必要です。データが同期されると、ラベルが「Target」に変わります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信