使用するデーターベース管理システムによって多くの異なる設定が可能ですが、準拠すべき基本的なレイアウトを以下に示します。

  • プライマリサーバーとセカンダリサーバー間にコミュニケーションパスを確立する
  • 仮想 IP リソースを etc/hosts に追加する
  • インスタンスおよびデータベースホストの仮想IPリソースを作成する
  • 共有ディスクを構築する
  • SAP 用のファイルシステムを (共有ディスク上に) 作成する
  • データーベース用のファイルシステムを (共有ディスク上に) 作成する
  • メインSAPファイルシステムをマウントする
  • マウントポイントを作成する
  • PAS、ASCS/SCS、およびERSディレクトリ(該当する場合)および追加のアプリケーションサーバーをマウントする

データーベースのディレクトリ構造の詳細については、データーベース管理システム固有の SAP インストールガイドを参照してください。データーベース用の LifeKeeper Recovery Kit の保護下に置くためには、すべてのデーターベースファイルを共有ディスク上に配置する必要があります。データーベースを保護するための追加情報については、データーベース固有の Recovery Kit ドキュメンテーション を参照してください。

以下の例は可能な設定の例にすぎませんが、これらの多くの設定例を理解し、設定規則に従うことはユーザーのコンピューティング環境で実現可能なソリューションを明確にし、設定する上で役立ちます。

  1. プライマリサーバーのUI から、プライマリーサーバとセカンダーリサーバ間にコミュニケーションパスを確立してください。
  1. 実際のプライマリーおよびセカンダリー仮想 IP アドレスのエントリを /etc/hosts に追加してください。
  1. プライマリーサーバ上で LifeKeeper にログインし、ホストとデーターベースの仮想 IP リソースを作成してください (例: ip-db10ip-sap10)。
  1. 2 台のマシン間に共有ディスクを構築してください。 

注記: 独立したフェイルオーバーを可能にするため、データーベース用に 1 つの LUN、SAP データ用に 1 つの LUN を用意することを推奨します。 

  1. 設定によっては、次の作業を完了させる必要があります。
  • 物理デバイスを作成する
  • ボリュームグループを作成する
  • SAP 用の論理ボリュームを作成する
  • データーベース用の論理ボリュームを作成する
  1. 共有ストレージ上に SAP 用のファイルシステム (すなわち、 sapmnt 、 saptrans 、ASCS{No}、SCS{No}、DVEBMGS{No} ) を作成してください。 注記: すべてを共有ストレージ上に配置するためには、SAP を停止する必要があります。
  1. データーベースに必要なすべてのファイルシステムを作成してください (例: mirrlogA、mirrlogB、origlogA、origlogB、sapdata1、sapdata2、sapdata3、sapdata4、oraarch、saparch、sapreorg、saptrace、oraflash -- mkfs -t ext3 /dev/oracle/mirrlogA )。 

注記: データーベース固有のリカバリキットについては、 LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション を参照し、LifeKeeper で作成および保護する必要のあるファイルシステムに関する追加情報については、 Component Installation Guide SAP Web Application Server を参照してください。

  1. メイン SAP ファイルシステムにマウントポイントを作成し、マウントしてください (必要な場合)。追加情報については、NFS マウントポイントと inode トピックを参照してください。 (注記: /exports ディレクトリは、ファイルシステムをマウントするために使用されました。)

mount /dev/sap/sapmnt /exports/sapmnt

mount /dev/sap/saptrans /exports/saptrans

  1. 以下のコマンドを使用して、一時的なマウントポイントを作成してください。

mkdir /tmp/m{No}

  1. 3 つの SAP ディレクトリをマウントしてください (以下のマウントポイントは、外部 NFS を使用する場合もそうでない場合も存在するそれぞれのアプリケーションサーバで必要です)。

mount /dev/sap/ASCS00 /tmp/m1

mount /dev/sap/SCS01 /tmp/m2

mount /dev/sap/DVEBMGS02 /tmp/m3

共有ディスクおよび LifeKeeper へのデータ移動 に進みます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信