1. SAP HANA のインストールをサポートするために、3つの追加ディスクを作成して node-a と node-b に接続します。 この例で使用されているデバイス名は、お使いの環境によって異なる場合があります(例:/dev/sdb ではなく /dev/xvdb など)。これらのディスクサイズは、評価目的にのみ使用されることに注意してください。本番環境でリソースをプロビジョニングする場合は、SAP、クラウドプロバイダー、およびサードパーティのストレージプロバイダーの関連ドキュメントを参照してください。
Device Name
Minimum Size
Mount Point
/dev/sdb 20GB /hana/log
/dev/sdc 30GB /hana/data
/dev/sdd 60GB /hana/shared
  1. node-a と node-b の両方で次のコマンドを実行して、xfs ファイル システムで /dev/sdb1 パーティションを作成します。
[root@node-a ~]# parted /dev/sdb --script mklabel gpt mkpart xfspart xfs 0% 100%

[root@node-a ~]# mkfs.xfs /dev/sdb1
meta-data=/dev/sdb1    isize=512   agcount=4, agsize=1310592 blks
         =             sectsz=4096 attr=2, projid32bit=1
         =             crc=1       finobt=1, sparse=1, rmapbt=0
         =             reflink=1
data     =             bsize=4096  blocks=5242368, imaxpct=25
         =             sunit=0     swidth=0 blks
naming   =version 2    bsize=4096  ascii-ci=0, ftype=1
log      =internal log bsize=4096  blocks=2560, version=2
         =             sectsz=4096 sunit=1 blks, lazy-count=1
realtime =none         extsz=4096  blocks=0, rtextents=0

[root@node-a ~]# partprobe /dev/sdb1

node-a と node-b の両方で、/dev/sdc と /dev/sdd に対してこれらのコマンドを繰り返します。

  1. 次のコマンドを実行して、SAP HANA ファイル システムのマウント ポイントを作成します。
[root@node-a ~]# mkdir -p /hana/{log,data,shared}
  1. blkid コマンドを使用して、各パーティションの UUID を表示します。
[root@node-a ~]# blkid | sort
/dev/sdb1: UUID="f058a8de-4e17-4c1d-97a3-a2672aff58dd" TYPE="xfs" PARTLABEL="xfspart" PARTUUID="f780893d-bd61-4beb-89df-fb23ea04f16e"
/dev/sdc1: UUID="c0ab7218-ec24-4a6f-b883-37e505ec806c" TYPE="xfs" PARTLABEL="xfspart" PARTUUID="34c47333-7174-468c-b8f0-a3491cd0fe0c"
/dev/sdd1: UUID="057f4f63-8fb3-486b-82b5-49fbbd4914cc" TYPE="xfs" PARTLABEL="xfspart" PARTUUID="0c9cc7d3-9622-4b3f-8949-e744a02af466"
  1. 手順3で取得した UUID を参照して、node-a と node-b の /etc/fstab に以下のエントリーを追加し、起動時にファイルシステムがマウントされるようにします。この例のサンプル UUID を、お使いのシステム上の適切なパーティションの UUID に置き換えます。
UUID=f058a8de-4e17-4c1d-97a3-a2672aff58dd       /hana/log      xfs     defaults        0 0
UUID=c0ab7218-ec24-4a6f-b883-37e505ec806c       /hana/data       xfs     defaults        0 0
UUID=057f4f63-8fb3-486b-82b5-49fbbd4914cc       /hana/shared    xfs     defaults        0 0
  1. node-a と node-b で次のコマンドを実行して、SAP HANA ファイル システムを両方のノードにマウントします。
mount /hana/log
mount /hana/data
mount /hana/shared

これで、SAP HANA をインストールするためのファイルシステムの準備が完了しました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信