前のセクションでは、ネットワークの構成について説明しました。次に、最初のインスタンスを作成します。このチュートリアルで使用するコンピューティングリソース で説明したように、2つのディスクが必要です。このセクションでは、2番目のディスクを作成する方法についても説明します。

  1. 「仮想マシン」に移動し、[追加] をクリックして新しいVMを作成します。

  1. 以下の値を入力します。
  • リソースグループ: LK-QSG
  • 仮想マシン名: node-a (2番目または3番目のノードを作成する場合は、node-b、node-bになります)
  • リージョン: Specify region based on your decision earlier
  • 可用性オプション: Availability Zone
  • 可用性ゾーン: 1 (when you create 2nd or 3rd nodes, this would be 2 and 3)
  • イメージ: Select supported operating system
  • サイズ: You can select image size based on the application you are going to protect. Minimum Requirement here is Standard_B1s
  • 認証タイプ: You can select each option. In general, cloud providers recommend using SSH public key.
  • ユーザー名: azureuser (you can leave the default value)
  • SSH公開鍵ソース: Generate new key pair if you have not created a key before
  • 鍵ペア名: specify name (this screenshot uses Azure-LK-QuickStart)
  • パブリックインバウンドポート: None

これらの値を入力または選択したら、[Next:Disks] をクリックします。

  1. デフォルトでは、ウィザードはオペレーティングシステムを起動するためのディスクを1つ作成します。データレプリケーション用に、追加のディスクが必要です。

[新しいディスクを作成し接続する] をクリックします。

  1. ディスクサイズを選択します。SIOS Protection Suiteを評価するために、最低でも8GiBのディスクを作成してください。

[サイズ変更] をクリックしてディスクサイズを指定します。

  1. ディスクサイズを選択し(SIOS Protection Suiteを評価する場合は8GiB以上を選択)、[OK] を選択します。

  1. これでディスクサイズが指定されました。[OK] をクリックして確定します。

  1. ディスクの構成が完了したら、[Next: Networking] をクリックします。

  1. ネットワークに関する以下のパラメーターを選択します。
  • 仮想ネットワーク: LK-VNET
  • サブネット: LK-subnet
  • public IP: (new) node-a-ip
  • NICネットワークセキュリティグループ: Advanced
  • ネットワークセキュリティグループ: LK-NSG

値を指定したら、[確認と作成] をクリックして完了します。

  1. ウィザードが入力を検証したら、[作成] をクリックします。

  1. キーペアを初めて使用する場合は、秘密キーファイルをダウンロードします。後でインスタンスに接続する際に、キーファイルが必要になります。

  1. 仮想マシンが作成されると、VMの構成を確認できます。IPアドレスがまだ指定されておらず、DHCPによって割り当てられたアドレス10.20.0.4が自動的に選択されていることがわかります。「ネットワーク」(青いリンク)をクリックして、ネットワーク設定を変更します。

  1. 下のスクリーンショットで、仮想マシンにネットワークインターフェイス(node-a717)があることがわかります。 node-a717 をクリックして、このネットワークカードの設定を変更します。

  1. これで、ネットワークカードの詳細を確認できます。「IP構成」をクリックします。

  1. IPアドレスを選択して構成ページに移動します。

  1. 割り当てを Dynamic から Static に変更し、IPアドレスを10.20.1.10に設定します。

IPアドレスを指定したら、[保存] をクリックします。

仮想マシンの設定はこれで完了です。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信