本評価ガイドでは、以下のネットワーク構成とインスタンスを使用しています。

AWSでは、これらのコンポーネントは下図のように定義することができます。AWSで重要な点は、アベイラビリティゾーンごとにサブネットを作成する必要があることです。インスタンスは異なるアベイラビリティゾーンに分散しているため、これらのインスタンスは異なるサブネットに割り当てられます。

この図に記載されているコンポーネントは、次の表のとおりです。

コンポーネント
名前
パラメータ
VPC LK-VPC IPv4 CIDRs 10.20.0.0/16
Subnet Common values across subnets VPC assignment LK-VPC
Auto-assign public IP Yes
LK-subnet-1 IPv4 CIDR 10.20.1.0/24
LK-subnet-2 IPv4 CIDR 10.20.2.0/24
LK-subnet-3 IPv4 CIDR 10.20.3.0/24
Internet Gateway LK-IGW VPC association LK-VPC
Route Table LK-RouteTable Subnet association LK-public-subnet
Destination=10.20.0.0/16 local
Destination=0.0.0.0/0 LK-IGW
Security Group LK-SG Type=All traffic Source=LK-SG
Type=SSH Source=Your Office’s WAN IP
Instances Common values across instances VPC LK-VPC
Security Group LK-SG
Source/Dest Checking on a network interface (ENI) Disabled
node-a Subnet LK-subnet-1
Private IP Address 10.20.1.10
node-b Subnet LK-subnet-2
Private IP Address 10.20.2.10
node-c Subnet LK-subnet-3
Private IP Address 10.20.3.10

以下のセクションでは、これらのネットワークコンポーネントを作成するために必要なプロセスを、最初のインスタンスから順に説明します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信