ここでは、アクティブノードを指すエントリをルートテーブルに作成することにより、ルートテーブルを使用してノードを切り替える方法について説明します。

IP リソースを作成する

これで、IP リソースを作成できます。リソースの IP アドレスは VPC の外部に配置する必要があることに注意してください。この例では、 10.10.10.10 を使用して IP リソースを作成します(VPC は 10.20.0.0/16 として定義されています)。詳細については、 IP リソースの作成 を参照してください。

IP リソースが作成されると、LifeKeeper ユーザーインターフェースは以下のようになります。

ルートテーブルのエントリーを更新する権限をインスタンスに割り当てる

プライマリーホストの最初のルートテーブルエントリーを追加する

EC2 リソースを作成する前に、まず LK-VPC のルートテーブル(LK-RouteTable)に最初のルートを追加する必要があります。

  1. AWS コンソールで、[Services] → [VPC] → [Route Tables] に移動し、LK-VPC に関連付けられているルートテーブル(LK-RouteTable)をクリックし、[Routes] タブをクリックして、次に [EditRoutes] をクリックします。
  2. 表示されたダイアログで、以下のパラメーターを指定して新しいルートを追加します。
フィールド
Destination 10.10.10.10/32
Target 「Instance」 を選択し、Node-A のインスタンス ID を選択します。

  1. [Save changes] をクリックして、ルートをルートテーブルに追加します。

EC2 リソースの作成(ルートテーブルシナリオ)

IPリソースが作成されていれば、EC2リソースの作成は簡単です。

  1. アイコンを選択して、「Create Resource Wizard」を開始します。
  1. Recovery Kitは「Amazon EC2」を選択します。

  1. 「Create Resource Wizard @ node-a」で、以下の値を指定します。
フィールド
Switchback Type Intelligent
Server node-a
EC2 Resource Type Route Table (Backend Cluster)
IP Resource ip-10.10.10.10
EC2 Resource Tag ec2-10.10.10.10
  1. 「Pre-Extend Wizard」で、以下の値を指定します。
Field
Value
Target Server node-b
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
  1. 事前拡張が完了したら、「Extend comm/ec2 Resource」に進みます。 「ec2-10.10.10.10」を選択します。

  1. 「Hierarchy successfully extended」と表示されたら、リソースの作成は完了です。
  1. 以下のように EC2 リソースが作成されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信