以下に、一般的な SAP MaxDB リソース階層の例を示します。

Active/Standby 構成

リソース
SAP MaxDB ソフトウェアコンポーネント
/maxdb
> /sapdb/data (1 ~ 4) SPSL データベースのデータベース データを保護します
> /sapdb/programs SPSL データベースのデータベース プログラムを保護します

すべての構成 (Active/Active 構成を含む)

リソース
SAP MaxDB ソフトウェア コンポーネント
> /sapdb/data (1 ~ 4) SPSL データベースのデータベース データを保護します
> /sapdb/logs SPSL データベースのデータベース ログ スペースを保護します
IP リソース (推奨) クライアント接続に使用される切り替え可能な IP アドレスを保護します

注記: リソースが作成されると、データは同じファイルシステム名で複製されます。

フェイルオーバーが発生した場合、LifeKeeper はファイルシステム、IP アドレス、およびデータベースリソース (すべてのリソース依存関係を含む) をバックアップノードで稼働させます。 クライアントは切断され、サーバーに再接続する必要があります。 コミットされていない SQL ステートメントは、再入力する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信