前のセクションでは、ネットワークの構成について説明しました。次に、1つ目のVMを作成します。このチュートリアル で使用するコンピューティングリソースで説明したように、2つのディスクが必要です。このセクションでは、2台目のディスクの作成方法についても説明します。

  1. [Compute Engine] > [VMインスタンス] に移動し、[作成] をクリックして新しいVMを作成します。

  1. 「インスタンスの作成」ウィザードが表示されます。

  1. 新しいVMの名前、node-aと入力します(2番目または3番目のノードを作成する場合、これはnode-b、node-cになります)。

  1. VMのリージョンとゾーンを選択します。近くのリージョンを入力し、ゾーンを選択します。node-aの場合は -a、node-bの場合は -b、node-cの場合は -cで終わるゾーンを選択します。地域によっては、ゾーンの名前が異なる場合がありますので、ご注意ください。

  1. マシン構成を選択します。保護しているアプリケーションに応じて、必要なCPUとメモリの要件を選択します。

  1. オペレーティングシステムを選択します。デフォルトでは、Debian GNU /Linux10が選択されています。SIOS Protection Suiteと、使用する予定のデータベースやアプリケーションの両方でサポートされているオペレーティングシステムを選択してください。[変更] をクリックして、Red Hat Enterprise Linux 7を選択します。

  1. [作成] を選択する前に、[管理、セキュリティ、ディスク、ネットワーク、単一テナンシー] のドロップダウンリストを展開します。

  1. [セキュリティ]タブに移動し、新しいSSH認証鍵の作成 セクションでダウンロードした公開鍵を入力します。

  1. 「ディスク」タブに移動します。node-aとnode-bでのデータ複製用に追加のディスクが必要です。ノードを追加するには、[+新しいディスクを追加] をクリックします。

  1. ディスクの「名前」と「サイズ」を指定します

  1. 「ネットワーキング」タブに移動します。「ネットワークタグ」と「ホスト名」を指定します。「ネットワークタグ」は、ファイアウォールの設定でVMを識別するために使用されます(次の手順で説明します)。

  1. ネットワークインターフェースを編集します。「編集」アイコンを選択します。

  1. ネットワークインターフェースのパラメータを次のように入力します。
  • Network: lk-vpc
  • Subnetwork: lk-subnet (10.20.0.0/22)
  • Primary internal IP: Ephemeral (Custom)
  • Custom ephemeral IP address: 10.20.1.10 for node-a, 10.20.2.10 for node-b, 10.20.3.10 for node-c.
  • External IP: Ephemeral
  • IP forwarding: Off

Click “Done” once you enter the values.

Confirm the values you entered, then click “Create” at the bottom.

  1. 値を入力したら、[完了] をクリックします。
    これで、仮想マシンの構成が完了しました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信