X Window Systemは、Unixベースのオペレーティングシステム上でビットマップベースのグラフィカルユーザーインターフェースを実現するために使用されます。これは一般に「X11」と呼ばれています。X11の興味深い使用法の1つは、「ウィンドウ」を端末(オペレーターが使用するマシン)に転送する機能です。元のX11プロセスはサーバー上で実行されますが、X11ユーザーインターフェースはクライアントマシン端末に表示されます。これを「X11転送」と言います。

X11転送を使用するには、ローカルマシンでX11グラフィックサーバーを実行する必要があります(これは、実際にはクライアントマシンで実行されますが、X11サーバーと呼ばれます)。

LifeKeeper GUIはX Window Platformで実行されるため、X11ソフトウェアを実行するクライアントが必要です(これらのノードでGUIログインが直接使用されている場合を除きます)。

Microsoft Windowsにクライアントソフトウェアをインストールする

Microsoft Windowsを「x11サーバー」として使用するには、Microsoft Windowsクライアントにソフトウェアをインストールする必要があります。以下のページでは、Windowsクライアントにソフトウェアをインストールするために必要な基本的な手順について説明します。

X11転送を受け入れるようにLinuxノードを設定する

  1. 前の手順で設定した一般ユーザーとして、環境変数DISPLAYの現在の値を見つけます。

$ echo $DISPLAY
localhost:10.0

  1. ユーザーのxauthキーの現在のリストを表示し、X11が転送されている現在のディスプレイに関連付けられているキー(この例では10)を特定します。

$ xauth list
node-a/unix:11 MIT-MAGIC-COOKIE-1 7289ba26871a37b94ff359df829e2686
node-a/unix:10 MIT-MAGIC-COOKIE-1 bae592c842916f23e3ba066ba594c5d0

  1. rootユーザーになります。

$ sudo -i

  1. rootユーザーのDISPLAY環境変数を表示します。

# echo $DISPLAY
localhost:10.0

  1. rootユーザーの現在のxauthキーのリストを表示します。

# xauth list
node-a/unix:1 MIT-MAGIC-COOKIE-1 5b249d176f8da2f7803343f6830002eb
node-a/unix:2 MIT-MAGIC-COOKIE-1 e62f7abaeda1d200576aac40aec2ba83

手順1でディスプレイのエントリーが見つからない場合は、手順2で出力されたxauthリストの該当エントリーをrootユーザーの鍵リストに追加します。

# xauth add node-a/unix:10 MIT-MAGIC-COOKIE-1 bae592c842916f23e3ba066ba594c5d0

  1. DISPLAY変数とxauthキーがrootユーザーに正しく設定されると、SSHセッションからrootとしてグラフィカルアプリケーションを実行できるようになります。

# /opt/LifeKeeper/bin/lkGUIapp &
[1] 23957
openjdk version “12.0.2” 2019-07-16
OpenJDK Runtime Environment (build 12.0.2+10)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 12.0.2+10, mixed mode, sharing)
Setting up secure random number generator
Random number setup completed
Connecting to rmi://node-a:82/LKRemoteInterface at:
      Sat Mar 13 04:23:19 UTC 2021
Connection to node-a succeeded at:
      Sat Mar 13 04:23:20 UTC 2021

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信