2番目のノード(node-b)と3番目のノード(node-c)を作成するための手順は、最初のノード(node-a)について前述した手順とほぼ同じです。次の表は、3つのノードの違いと、これらのインスタンスを作成するために必要な詳細を示しています。

名前
パラメータ
インスタンス間で共通の値 VPC LK-VPC
Security Group LK-SG
ネットワークインターフェース(ENI)での送信元/送信先チェック 無効
node-a Subnet LK-subnet-1
Private IP Address 10.20.1.10
Second Disk (Storage Device) セカンドディスクが必要です
node-b Subnet LK-subnet-2
Private IP Address 10.20.2.10
Second Disk (Storage Device) セカンドディスクが必要です
node-c Subnet LK-subnet-3
Private IP Address 10.20.3.10
Second Disk (Storage Device) 2枚目のディスクを接続する必要はありません

作成すると、インスタンスのリストは次のようになります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信