SAP HANA データベースに関連付けられた仮想 IP アドレスを保護するリソースを作成する前に、node-a と node-b で次の手順を完了する必要があります。

ここでは、AWS EC2 リソースの作成(RouteTableシナリオ) で説明した手順で、SAP HANA データベースに関連付けられた仮想 IP アドレスのリソース階層を作成します。

EC2 の RouteTable リソース タイプで使用される IP アドレスは、VPC CIDR (LK-VPC の場合は 10.20.0.0/16) の外にある必要があるため、次の仮想ホスト名と IP アドレスを使用します。

Instance
Virtual Host Name
IP Address
HDB00 sps-hana 10.10.10.5

SAP HANA 仮想 IP リソース階層を作成する

  1. IP リソースの作成 で説明している手順に従って、次のパラメータを使用して LifeKeeper IP リソース (ip-sps-hana) を作成および拡張し、node-a および node-b の SAP HANA 仮想 IP アドレスを保護します。IP リソースは node-a で作成され、node-b に拡張されることに注意してください。 また、作成されたリソースは Witness ノードである node-c に拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
IP Resource 10.10.10.5
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-hana
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.10.10.5
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-hana
  1. AWS EC2 リソースの作成 で説明している手順に従って、次のパラメータを使用して LifeKeeper EC2 リソース (ec2-sps-hana) を作成および拡張し、IP リソースがスイッチオーバーされた際に AWS でルートテーブルのバックエンド操作を管理します。 切り替えました。EC2 リソースは node-a で作成され、node-b に拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースは Witness ノードである node-c に拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
EC2 Resource type RouteTable (Backend cluster)
IP Resource ip-sps-hana
EC2 Resource Tag ec2-sps-hana
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ec2 Resource Hierarchy Wizard
EC2 Resource Tag ec2-sps-hana

IP リソース階層が正常に作成されると、LifeKeeper GUI は次の図のようになります。

/etc/hosts にエントリーを追加する

node-a と node-b の /etc/hosts に次のエントリーを追加して、仮想ホスト名を対応する IP アドレスに解決できるようにします。

10.10.10.5    sps-hana

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信