このセクションでは、SAPインスタンスをホストする各ノードにマウントされる、高可用性NFS共有ファイルシステムを作成します。また、SIOS DataKeeperミラーを作成して、node-aとnode-bの間でASCS10およびERS20インスタンスのデータを複製します。高可用性のSAP AS ABAP環境において、システム間で共有または複製される典型的なファイルシステムには、次のようなものがあります。

  • /sapmnt/<SID>
  • /usr/sap/trans
  • /usr/sap/<SID>/ASCS<InstNum>
  • /usr/sap/<SID>/ERS<InstNum>

See 詳細については、高可用性システムのファイルシステムの設定 を参照してください。

  1. 高可用性SAPのインストールをサポートするために、node-aとnode-bに4つの追加ディスクを作成し、アタッチします。この例で使用されているデバイス名は、お使いの環境によって異なる場合があります(例:/dev/sdbではなく/dev/xvdb)ので、適切なデバイス名を使用するように、このセクションで示されるコマンドを適宜調節してください。これらのディスクサイズは、評価目的にのみ使用されることに注意してください。本番環境でリソースをプロビジョニングする場合は、SAP、クラウドプロバイダー、およびサードパーティストレージプロバイダーの関連ドキュメントを参照してください。
Device Name
Minimum Size
Mount Point
/dev/sdb 10GB /export/sapmnt/SPS
/dev/sdc 10GB /export/usr/sap/trans
/dev/sdd 10GB /usr/sap/SPS/ASCS10
/dev/sde 10GB /usr/sap/SPS/ERS20
  1. node-aとnode-bの両方で以下のコマンドを実行し、xfsファイルシステムで/dev/sdb1パーティションを作成します。
[root@node-a ~]# parted /dev/sdb --script mklabel gpt mkpart xfspart xfs 0% 100%

[root@node-a ~]# mkfs.xfs /dev/sdb1
meta-data=/dev/sdb1    isize=512   agcount=4, agsize=1310592 blks
         =             sectsz=4096 attr=2, projid32bit=1
         =             crc=1       finobt=1, sparse=1, rmapbt=0
         =             reflink=1
data     =             bsize=4096  blocks=5242368, imaxpct=25
         =             sunit=0     swidth=0 blks
naming   =version 2    bsize=4096  ascii-ci=0, ftype=1
log      =internal log bsize=4096  blocks=2560, version=2
         =             sectsz=4096 sunit=1 blks, lazy-count=1
realtime =none         extsz=4096  blocks=0, rtextents=0

[root@node-a ~]# partprobe /dev/sdb1

Node-a、Node-bの両方で、/dev/sdc、/dev/sdd、/dev/sdeに対して、このコマンドを繰り返します

  1. Node-aとnode-bの両方で次のコマンドを実行して、共有および複製されたSAPファイル システムのマウント ポイントを作成します。
[root@node-a ~]# mkdir -p /export/{usr/sap/trans,sapmnt/SPS} /sapmnt/SPS /usr/sap/{trans,SPS/{ASCS10,ERS20,SYS}}

DataKeeperのデータレプリケーションリソース階層を作成する

  1. “ファイルシステムのデータレプリケーションの作成方法“https://docs.us.sios.com/spslinux/9.6.2/ja/topic/how-to-create-data-replication-of-a-file-system で説明した手順に従って、以下のパラメータを使用してDataKeeperデータレプリケーションリソース( datarep-/export/sapmnt/SPS )を作成・拡張し、node-aとnode-b間で/export/sapmnt/SPSディレクトリーの内容をミラーリングします。DataKeeperリソースはnode-aで作成され、node-bに拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Hierarchy Type Replicate New Filesystem
Source Disk /dev/sdb1 (10.0 GB)
New Mount Point /export/sapmnt/SPS
New Filesystem Type xfs
Data Replication Resource Tag datarep-/export/sapmnt/SPS
File System Resource Tag /export/sapmnt/SPS
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__export_sapmnt_SPS
Enable Asynchronous Replication? no
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend scsi/netraid Resource Hierarchy Wizard
Mount Point /export/sapmnt/SPS
Root Tag /export/sapmnt/SPS
Target Disk /dev/sdb1 (10.0 GB)
Data Replication Resource Tag datarep-/export/sapmnt/SPS
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__export_sapmnt_SPS
Replication Path 10.20.1.10/10.20.2.10
  1. ファイルシステムのデータレプリケーションの作成方法 で説明している手順に従って、以下のパラメーターを使用してDataKeeperデータレプリケーションリソース( datarep-/export/usr/sap/trans )を作成・拡張し、node-aとnode-b間で/export/usr/sap/transディレクトリの内容をミラーリングします。DataKeeperリソースはnode-aで作成され、node-bに拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Hierarchy Type Replicate New Filesystem
Source Disk /dev/sdc1 (10.0 GB)
New Mount Point /export/usr/sap/trans
New Filesystem Type xfs
Data Replication Resource Tag datarep-/export/usr/sap/trans
File System Resource Tag /export/usr/sap/trans
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__export_usr_sap_trans
Enable Asynchronous Replication? no
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend scsi/netraid Resource Hierarchy Wizard
Mount Point /export/usr/sap/trans
Root Tag /export/usr/sap/trans
Target Disk /dev/sdc1 (10.0 GB)
Data Replication Resource Tag datarep-/export/usr/sap/trans
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__export_usr_sap_trans
Replication Path 10.20.1.10/10.20.2.10
  1. ファイルシステムのデータレプリケーションの作成方法 で説明している手順に従って、以下のパラメータを使用してDataKeeperデータレプリケーションリソース(datarep-/usr/sap/SPS/ASS10)を作成・拡張し、node-aとnode-b間で/usr/sap/SPS/ASS10ディレクトリーの内容をミラーリングします。DataKeeperリソースはnode-aで作成され、node-bに拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Hierarchy Type Replicate New Filesystem
Source Disk /dev/sdd1 (10.0 GB)
New Mount Point /usr/sap/SPS/ASCS10
New Filesystem Type xfs
Data Replication Resource Tag datarep-/usr/sap/SPS/ASCS10
File System Resource Tag /usr/sap/SPS/ASCS10
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__usr_sap_SPS_ASCS10
Enable Asynchronous Replication? no
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend scsi/netraid Resource Hierarchy Wizard
Mount Point /usr/sap/SPS/ASCS10
Root Tag /usr/sap/SPS/ASCS10
Target Disk /dev/sdd1 (10.0 GB)
Data Replication Resource Tag datarep-/usr/sap/SPS/ASCS10
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__usr_sap_SPS_ASCS10
Replication Path 10.20.1.10/10.20.2.10
  1. ファイルシステムのデータレプリケーションの作成方法 で説明している手順に従って、以下のパラメータを使用してDataKeeperデータレプリケーションリソース( datarep-/usr/sap/SPS/ERS20 )を作成・拡張し、node-aとnode-b間で /usr/sap/SPS/ERS20 ディレクトリーの内容をミラーリングします。 DataKeeperリソースがはnode-bで作成され、node-aに拡張されることに注意してください。 また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
Hierarchy Type Replicate New Filesystem
Source Disk /dev/sde1 (10.0 GB)
New Mount Point /usr/sap/SPS/ERS20
New Filesystem Type xfs
Data Replication Resource Tag datarep-/usr/sap/SPS/ERS20
File System Resource Tag /usr/sap/SPS/ERS20
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__usr_sap_SPS_ERS20
Enable Asynchronous Replication? no
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend scsi/netraid Resource Hierarchy Wizard
Mount Point /usr/sap/SPS/ERS20
Root Tag /usr/sap/SPS/ERS20
Target Disk /dev/sde1 (10.0 GB)
Data Replication Resource Tag datarep-/usr/sap/SPS/ERS20
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap__usr_sap_SPS_ERS20
Replication Path 10.20.2.10/10.20.1.10

すべてのDataKeeperデータレプリケーションリソース階層が作成されると、LifeKeeper GUI は以下の画像のようになります。

NFSリソース階層を作成する

  1. node-aの/etc/exportsに以下のエントリーを追加します。
/export/sapmnt/SPS *(rw,sync,no_root_squash)
/export/usr/sap/trans *(rw,sync,no_root_squash)
  1. node-aで以下のコマンドを実行し、共有ファイルシステムをエクスポートします。
[root@node-a ~]# exportfs -rav
exporting *:/export/usr/sap/trans
exporting *:/export/sapmnt/SPS
  1. 以下のコマンドを実行して、node-a、node-bの両方、およびPASとAASインスタンスをホストするサーバーから、共有ファイルシステムを表示できることを確認します。
# showmount -e sps-ascs
Export list for sps-ascs:
/export/usr/sap/trans *
/export/sapmnt/SPS    *
  1. NFSリソースの保護 で説明している手順に従って、次のパラメーターを使用してNFSリソース( nfs-/export/sapmnt/SPS )を作成および拡張し、共有の/export/sapmnt/SPSファイルシステムを保護します。 NFSリソースはnode-aに作成され、node-bに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Export Point /export/sapmnt/SPS
IP Tag ip-sps-ascs
NFS Tag nfs-/export/sapmnt/SPS
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend gen/nfs Resource Hierarchy Wizard
NFS Tag nfs-/export/sapmnt/SPS
  1. NFSリソースの保護 で説明している手順に従って、次のパラメータを使用してNFSリソース( nfs-/export/usr/sap/trans )を作成および拡張し、共有ファイルシステム/export/usr/sap/transを保護します。 NFSリソースはnode-aに作成され、node-bに拡張されていることに注意してください。 また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Export Point /export/usr/sap/trans
IP Tag ip-sps-ascs
NFS Tag nfs-/usr/sap/trans
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend gen/nfs Resource Hierarchy Wizard
NFS Tag nfs-/export/usr/sap/trans

NFS リソース階層が正常に作成されると、LifeKeeper GUI は次の図のようになります。

  1. nfs-/export/sapmnt/SPS リソースを右クリックし、ドロップダウンメニューから [Delete Dependency…] を選択します。Child Resource Tag に [ip-sps-ascs] を選択します。 [Next>] をクリックして続行し、 [Delete Dependency] をクリックして依存関係を削除します。
  1. nfs-/export/sapmnt/SPS リソースを右クリックし、ドロップダウンメニューから [Create Dependency…] を選択します。Child Resource Tag に [ilb-sps-ascs] を選択します。 [Next>] をクリックして続行し、 [Create Dependency] をクリックして依存関係を作成します。
  1. nfs-/export/usr/sap/trans リソースを右クリックし、ドロップダウンメニューから [Delete Dependency…] を選択します。Child Resource Tag に [ip-sps-ascs] を選択します。*[Next>]* をクリックして続行し、*[Delete Dependency]* をクリックして依存関係を削除します。
  1. nfs-/export/usr/sap/trans リソースを右クリックし、ドロップダウンメニューから [Create Dependency…] を選択します。Child Resource Tag に [ilb-sps-ascs] を選択します。 [Next>] をクリックして続行し 、 [Create Dependency] をクリックして依存関係を作成します。

これらの手順が完了すると、LifeKeeper GUI は以下の画像のようになります。

/etc/fstabにマウントエントリーを追加する

  1. node-a、node-b、node-d、node-e(ASCS、ERS、PAS、AASのインスタンスホスト)で以下のコマンドを実行し、ブート中に/sapmnt/SPSにsps-ascs:/export/sapmnt/SPSをマウントします。
# echo "sps-ascs:/export/sapmnt/SPS    /sapmnt/SPS    nfs    nfsvers=3,proto=tcp,rw,sync,bg    0 0" >> /etc/fstab
# mount /sapmnt/SPS
  1. node-dとnode-e(PASとAASのインスタンスホスト)で以下のコマンドを実行し、ブート中にsps-ascs:/export/usr/sap/transを/usr/sap/transにマウントします。
# echo "sps-ascs:/export/usr/sap/trans    /usr/sap/trans    nfs    nfsvers=3,proto=tcp,rw,sync,bg    0 0" >> /etc/fstab
# mount /usr/sap/trans

/etc/default/LifeKeeperを変更する

SAP Recovery Kit が共有ファイルシステム上のファイルへのアクセスを必要とする管理タスクを実行する前に、 sps-ascs:/export/sapmnt/SPS NFS共有の可用性を監視できるように、node-a と node-b の /etc/default/LifeKeeper に「SAP_NFS_CHECK_DIRS=/sapmnt/SPS」という行を追加します。また、「NFS_RPC_PROTOCOL=tcp」という行をnode-aとnode-b の /etc/default/LifeKeeper に追加して、pingnfsユーティリティがNFS共有の可用性を確認する際にTCPプロトコルを使用するようにします。

# vi /etc/default/LifeKeeper
# grep 'SAP_NFS_CHECK_DIRS=\|NFS_RPC_PROTOCOL=' /etc/default/LifeKeeper
SAP_NFS_CHECK_DIRS=/sapmnt/SPS
NFS_RPC_PROTOCOL=tcp

これで、SAPインスタンスをインストールするための共有ファイル システムの準備が整いました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信