Microsoft Azureでは、TCP内部ロードバランサーを使用して、ASCSおよびERSの仮想IPのフェイルオーバーを容易にします。ロードバランサーは2つのフロントエンドで構成され、それぞれが動作するサブネットからIPアドレスを割り当てられます。この例では、各仮想ホストに対応するロードバランサーフロントエンドに、次のIPアドレスを使用します。

Instance
Virtual Host Name
Internal TCP Load Balancer
Frontend IP Address
ASCS10 sps-ascs ilb-sps-ascs-ers 10.20.0.10
ERS20 sps-ers ilb-sps-ascs-ers 10.20.0.20

Azure – 内部ロードバランサーの使用ロードバランサーヘルスチェックへの応答 に記載されている手順に従って、以下のAzureおよびLifeKeeperのリソースを作成し、設定します。

  1. 次のプロパティを使用して、Azureで単一のロードバランサー ilb-sps-ascs-ers を作成します。
Name
ilb-sps-ascs-ers
Create Load Balancer
Resource Group LK-QSG
Name ilb-sps-ascs-ers
Region (仮想マシンと同じ)
Type Internal
SKU Standard(ワークロードが可用性ゾーンに分散されるため、Standardを選択します)
Tier Regional
Frontend IP 1 Configuration
Name SPSASCSFrontEnd
Virtual Network LK-VNET
Subnet LK-subnet (10.20.0.0/22)
Assignment Static
IP address 10.20.0.10
Availability zone Zone-redundant
Frontend IP 2 Configuration
Name SPSERSFrontEnd
Virtual Network LK-VNET
Subnet LK-subnet (10.20.0.0/22)
Assignment Static
IP address 10.20.0.20
Availability zone Zone-redundant
Backend Pool
Name backend-sps-ascs-ers
Backend Pool Configuration NIC
IP Version IPv4
Virtual machines node-a, node-b
Health Probe #1
Name probe-sps-ascs
Protocol TCP
Port 51098(後で作成する、対応するLifeKeeper LB Health Checkリソースと一致する必要があります)
Interval 5 seconds
Unhealthy threshold 2 consecutive failures
Health Probe #2
Name probe-sps-ers
Protocol TCP
Port 51098(後で作成する、対応するLifeKeeper LB Health Checkリソースと一致する必要があります)
Interval 5 seconds
Unhealthy threshold 2 consecutive failures
Load Balancing Rule #1
Name ilb-rule-sps-ascs
IP Version IPv4
Frontend IP address SPSASCSFrontEnd (10.20.0.10)
HA Ports Click (評価の展開を簡略化するため、すべてのポートへの転送を許可します)
Backend pool backend-sps-ascs-ers
Health probe probe-sps-ascs (TCP:51098)
Session persistence None
Idle timeout 4 minutes
TCP reset Disabled
Floating IP Enabled
Load Balancing Rule #2
Name ilb-rule-sps-ers
IP Version IPv4
Frontend IP address SPSERSFrontEnd (10.20.0.20)
HA Ports Click (評価の展開を簡略化するため、すべてのポートへの転送を許可します)
Backend pool backend-sps-ascs-ers
Health probe probe-sps-ers (TCP:52098)
Session persistence None
Idle timeout 4 minutes
TCP reset Disabled
Floating IP Enabled

作成後、Microsoft Azureコンソールの Load Balancing Services → Load Balancer ページに、新しく作成されたロードバランサーが表示されます。

  1. ロードバランサーヘルスチェックへの応答 の手順に従って、LB Health Checkをインストールし、以下のプロパティで2つのLifeKeeper LB Health Checkリソース、 ilb-sps-ascsilb-sps-ers を作成します。 ilb-sps-ascs はnode-aで作成され、node-bに拡張されますが、ilb-sps-ers はnode-bで作成され、node-aに拡張されることに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Reply daemon Port 51098
Reply daemon message None (Empty)
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend LB Health Check Resource Hierarchy Wizard
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ascs
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
Reply daemon Port 52098
Reply daemon message None (Empty)
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend LB Health Check Resource Hierarchy Wizard
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ers

リソースは、作成と拡張に成功すると、LifeKeeper GUI のリソースペインに表示されます。

  1. IPリソースの作成 の手順に従って、次のパラメーターを使用してLifeKeeper IPリソース (ip-sps-ascs)を作成して拡張し、node-aおよびnode-bのASCS仮想IPアドレスを保護します。IPリソースはnode-aで作成され、node-bに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
IP Resource 10.20.0.10
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.20.0.10
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
  1. IPリソースの作成 の手順に従って、次のパラメーターを使用してLifeKeeper IPリソース( ip-sps-ers )を作成して拡張し、node-aおよびnode-bのERS仮想IPアドレスを保護します。IPリソースはnode-bで作成され、node-aに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースは、Witnessノードであるnode-cに拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
IP Resource 10.20.0.20
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.20.0.20
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers

IPリソースが正常に作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

  1. node-aの ip-sps-ascs リソースを右クリックし、 [Create Dependency…] をクリックします。子リソースタグとして ilb-sps-ascs を指定し、 *[Create Dependency] * をクリックします。
  1. node-bの ip-sps-ers リソースを右クリックし、[Create Dependency…] をクリックします。子リソースタグとして ilb-sps-ers を指定し、*[Create Dependency]* をクリックします。

依存関係が正常に作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

  1. node-aおよびnode-bの/etc/hostsに以下のエントリーを追加し、各仮想ホスト名を対応するロードバランサーのフロントエンドIPアドレスに解決できるようにします。この仮想ホスト名は、共有ファイルシステムの /export/sapmnt/SPS および /export/usr/sap/trans へのアクセスに使用されるため、sps-ascsのエントリーをnode-dおよびnode-e (PAS および AAS ホスト) 上にも追加する必要がありま す。

10.20.0.10 sps-ascs
10.20.0.20 sps-ers

  1. ロードバランサーのヘルスチェックに応答するLB Health Checkリソースの切り替えとフェイルオーバーのテスト セクションで説明 しているように、LB Health Checkリソース階層のスイッチオーバーとフェイルオーバーをテストします。検出された問題を修正するか、必要に応じてロードバランサーのヘルスチェックのパラメーターを調整して、正常に動作するようにします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信