LifeKeeper を使用した一般的なリソース保護シナリオ

LifeKeeper では、ほとんどの設定をウィザードで完了することができます。ウィザードは保護可能なリソースに関する情報を収集し、一連の簡単な質問に答えることでこれらのリソースを保護することができます。ほとんどの場合、デフォルトのパラメーターを選択するだけで済みます。LifeKeeper リソース作成の標準的な例を以下に示します。

  1. リソース作成ウィザード

a. リソースタイプ(IPリソース、データレプリケーション、Oracle など)を選択します)

b. スイッチバックタイプを選択します

c. 「アクティブな」サーバー(アプリケーションが現在実行されている場所)を選択します

d. 保護するIPアドレス、設定ファイルの場所、保護するディスクを選択します

e. リソースタグ(名前)を選択します

f. 選択内容を確認します

  1. 事前拡張ウィザード

a. ターゲットサーバー(切り替えやフェイルオーバーの際にアプリケーションホストとして引き継ぐサーバー)を選択します

b. スイッチバックタイプを選択します

c. 優先度を選択します

d. 選択内容を確認します

  1. リソース階層を拡張する

a. 宛先のIPアドレス、設定ファイルの場所、データを複製するディスクを選択します

b. リソースタグ(名前)を選択します

c. 選択内容を確認します

  1. 階層の整合性の検証

設定が完了すると、ウィザードは自動的にリソース間の依存関係も定義します(たとえば、データベースリソースを保護するためには、データベースを起動する前に基盤となるディスクをマウントする必要があります)

ノードの切り替え

これで、リソースを保護する準備が整いました。

前述のとおり、クラウド環境はオンプレミス環境とは動作が異なります。クラウド環境を使用している場合、クラウド環境のアクティブノードへのトラフィックのルーティングに関する関連情報については、 クラウド環境でのノードの切り替え をお読みください。IPリソースを作成した後に必要なリソースを設定しますが、次のセクションでIPリソースに選択するパラメータは、使用するクラウド環境によって異なります。

オンプレミス環境で作業している場合は、次のページを確認するだけで十分です。

クラウド環境で作業している場合は、次のページから該当するシナリオを選択してください。

IPリソースの保護が完了したら、スイッチオーバー(スタンバイノードがアクティブノードになる)を開始し、機能をテストすることをお勧めします。

ディスクレプリケーションの設定

ほとんどのシナリオでは、ノード間でデータレプリケーションを定義する必要があります(特にクラウドで評価する場合)。以下の手順に従って、ノード間のデータレプリケーションを定義してください。

リソースを保護する

基本的な準備が完了したら、今度はデータベースやアプリケーションなどのリソースを保護することができます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信