ファイルシステムリソースの作成手順を例示します。ファイルシステムリソースは共有ストレージ上のファイルシステムをクラスターノード間で切り替えることを可能する機能を提供します。DataKeeperを使用してレプリケーションファイルシステム階層を作成するには、DataKeeperリソース階層の作成 の情報を参照してください。

構成図

本ガイドで作成する環境は、以下のような2ノード構成です。

LifeKeeperの制限事項にあたらないことを確認してください。

ファイルシステムリソースを作成するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 共有ストレージが物理的に接続され、各ノードから同じ状態で接続できること
  • partedなどのユーティリティーを使い、 GUIDパーティションテーブル (GPT) で共有ディスクのパーティションが切られていること
  • mkfsなどのユーティリティーを使い、ファイルシステムが作成されていること
  • 各ノードでファイルシステムをマウント、アンマウントができること

 

target1 で実行

  1. ファイルシステムのマウント
    ファイルシステムリソース作成対象のファイルシステムを任意のディレクトリーにマウントします。
    例では /dev/sdb1 を /mnt/fs にマウントしています。/mnt/fs がマウントポイントになります。
[target1]# df
Filesystem              1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/centos-root  14034944 6904924   7130020  50% /
devtmpfs                   929204       0    929204   0% /dev
tmpfs                      941312       0    941312   0% /dev/shm
tmpfs                      941312   25948    915364   3% /run
tmpfs                      941312       0    941312   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                  1038336 148528    889808  15% /boot
tmpfs                      188264       0    188264   0% /run/user/0
/dev/sdb1                  1044132  32992   1011140   4% /mnt/fs
  1. リソースの作成
    以下のコマンドを実行します。
[target1]# lkcli resource create fs --tag fs-tag --mountpoint /mnt/fs

リソースの設定値

項目 入力値
--tag タグ名
--mountpoint マウントポイント
  1. リソースの拡張
    さらに以下のコマンドを実行します。
[target1]# lkcli resource extend fs --tag fs-tag --dest target2

リソースの設定値

項目 入力値
--tag 作成したリソースのタグ名
--dest バックアップノード名
  1. リソースの確認
    リソースの作成および拡張が完了したら、次のコマンドを実行してください。
    リソースの情報が表示されます。
[target1]# lkcli status -q
 
LOCAL   TAG           ID                                   STATE     PRIO  PRIMARY
target1 fs-tag        /mnt/fs                              ISP          1  target1
target1  device28856  36000c292eb0c693b2efb44ed56556636-1  ISP          1  target1
target1   disk28786   36000c292eb0c693b2efb44ed56556636    ISP          1  target1

ファイルシステムリソースを作成すると上記のように自動的に3つのリソースが依存関係を持った状態で作成されます。これらは、上位からマウントポイント、デバイス、ディスクを管理しており、それぞれ制御する対象が異なっています。これらは 3 つで 1 つの役割を担うため、依存関係の操作などで順序の変更などを行わないようにしてください。


フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信