ここでは、アクティブノードを指すエントリーを作成することで、Elastic IP アドレスを使用してノードを切り替える方法について説明します。

ルートテーブルのエントリーを更新する権限をインスタンスに割り当てる

また、Elastic IP を取得する必要があります。以下の例では、Elastic IP アドレスは 50.18.115.213 です。なお、この IP アドレスは一例です。

EC2 リソースの作成(Elastic IP シナリオ)

Elastic IP(フロントエンドクラスター)シナリオで EC2 リソースを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Recovery Kitに「Amazon EC2」を選択します。

  1. 「Create Resource Wizard @ node-a」で、以下の値を指定します。
フィールド
Switchback Type Intelligent
Server node-a
EC2 Resource Type Elastic IP (Frontend Cluster)
Network Interface eith0
Elastic IP リストから利用可能なElastic IPを選択します。

50.18.115.213

EC2 Resource Tag ec2-50.18.115.213
  1. 「Pre-Extend Wizard」で、次の値を指定します。
Field
Value
Target Server node-b
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
  1. 事前拡張が完了したら、「Extend comm/ec2 Resource」に進みます。 「ec2-50.18.115.213」を選択します。

  1. 「Hierarchy successfully extended」と表示されたら、リソースの作成は完了です。
  1. 以下のようにEC2リソースが作成されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信