Microsoft Azure では、プライマリー HANA データベースホストに関連付けられた仮想 IP のフェイルオーバーを容易にするために、TCP 内部ロードバランサーを使用します。ロードバランサーのフロントエンドには、それが動作するサブネットから IP アドレスが割り当てられます。この例では、仮想ホスト名に対応するロードバランサーに次の IP アドレスを使用します。

Instance
Virtual Host Name
Internal TCP Load Balancer
Frontend IP Address
HDB00 sps-hana ilb-sps-hana 10.20.0.5

Azure – 内部ロードバランサーを使用するロードバランサーのヘルス チェックに応答する の手順に従って、以下の Azure と LifeKeeper のリソースを作成し、設定します。

  1. 次のプロパティを使用して、Azure でロードバランサー ilb-sps-hana を作成します。
Name
ilb-sps-ascs-ers
Create Load Balancer
Resource Group LK-QSG
Name ilb-sps-hana
Region (仮想マシンと同じ)
Type Internal
SKU Standard (ワークロードが可用性ゾーン全体に分散されるため、[Standard] を選択します)
Tier Regional
Frontend IP Configuration
Name SPSHANAFrontEnd
Virtual Network LK-VNET
Subnet LK-subnet (10.20.0.0/22)
Assignment Static
IP address 10.20.0.5
Availability zone Zone-redundant
Backend Pool
Name backend-sps-hana
Backend Pool Configuration NIC
IP Version IPv4
Virtual machines node-a, node-b
Health Probe
Name probe-sps-hana
Protocol TCP
Port 50098 (これは、後で作成される対応するLB Health Check リソースと一致する必要があります)
Interval 5 seconds
Unhealthy threshold 2 consecutive failures
Load Balancing Rule
Name ilb-rule-sps-hana
IP Version IPv4
Frontend IP address SPSHANAFrontEnd (10.20.0.5)
HA Ports Click (評価でのデプロイを簡素化するため、すべてのポートへの転送を許可します)
Backend pool backend-sps-hana
Health probe probe-sps-hana (TCP:50098)
Session persistence None
Idle timeout 4 minutes
TCP reset Disabled
Floating IP Enabled

作成すると、Microsoft Azure コンソールの Load Balancing Services → Load Balancer ページに、新しく作成されたロードバランサーが表示されます。

  1. 以下の ロードバランサーのヘルスチェックに応答する 手順に従って、LB Health Check をインストールし、以下のプロパティを使用してLB Health Check リソース、 ilb-sps-hana を作成します。*ilb-sps-hana* は node-a で作成され、node-b に拡張されることに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Reply daemon Port 50098
Reply daemon message 空欄のままにします
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-hana
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend LB Health Check Resource Hierarchy Wizard
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-hana

リソースが作成され、正常に拡張されると、LifeKeeper GUI リソースペインにリソースが表示されます。

  1. IP リソースの作成 で説明している手順に従って、次のパラメータを使用して LifeKeeper IP リソース (ip-sps-hana) を作成および拡張し、node-a および node-b で HANA データベースの仮想 IP アドレスを保護します。IP リソースは node-a で作成され、node-b に拡張されることに注意してください。 また、作成されたリソースは Witness ノードである node-c に拡張してはならないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
IP Resource 10.20.0.5
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-hana
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.20.0.5
Netmask 255.255.252.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-hana

IP リソースが正常に作成されると、LifeKeeper GUI は次の図のようになります。

  1. node-aの ip-sps-hana リソースを右クリックし、 [Create Dependency…] をクリックします。 子リソースタグに ilb-sps-hana を指定し、*[Create Dependency]* をクリックします。

p(((.依存関係が正常に作成されると、LifeKeeper GUI は次の図のようになります。

  1. 次のエントリーを node-a と node-b の /etc/hosts に追加して、仮想ホスト名を対応するロードバランサーのフロントエンド IP アドレスに解決できるようにします。

10.20.0.5 sps-hana

  1. ロードバランサーのヘルスチェックに応答する「LB Health Check リソースのスイッチオーバーとフェイルオーバーのテスト」 セクションの説明に従って、LB Health Check リソース階層のスイッチオーバーとフェイルオーバーをテストします。見つかった問題を修正したり、ロードバランサーのヘルスチェックのパラメーターを必要に応じて調整したりして、正常に動作するようにします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信