切り替え可能な IP アドレスとは、クラスターノード間で切り替えることができる「仮想的な」IP アドレスです。各ノードのネットワークインターフェースカードに関連付けられた IP アドレスとは別個のものです。LifeKeeper の保護下にあるアプリケーションは、切り替え可能な IP アドレスに関連付けられています。これにより、アクティブノードで障害が発生した場合、その IP アドレスがスタンバイノードに「切り替わり」ます。

切り替え可能な IP アドレスに対してリソース階層を設定することを計画している場合は、クラスタの各ノードで以下の作業を実行する必要があります。

  • コンピューター名が正しく、変更されないことを確認する。
  • ping コマンドを使用して切り替え可能な IP アドレスが一意であることを確認する。
  • /etc/hosts ファイルを編集して、切り替え可能な IP アドレスごとにエントリを追加する。

詳細については、LifeKeeper for Linux IP Recovery Kit テクニカルドキュメンテーション を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信