Google Cloudでは、ASCSとERSの仮想IPのフェイルオーバーを容易にするために、TCP内部ロードバランサーが使用されています。各ロードバランサーのフロントエンドには、それが動作しているサブネットからエフェメラルIPが割り当てられます。この例では、各仮想ホストに対応するロードバランサーに以下のIPアドレスを使用します。

Instance
Virtual Host Name
Internal TCP Load Balancer
Frontend IP Address
ASCS10 sps-ascs ilb-sps-ascs 10.20.0.10
ERS20 sps-ers ilb-sps-ers 10.20.0.20

Google Cloud – 内部ロードバランサーを使用する およびロードバランサーヘルスチェックに応答する に記載されている手順に従って、次のGoogle CloudおよびLifeKeeperリソースを作成して設定します

  1. node-aを含む ig-sps-ascs-zone1 と、node-bを含む ig-sps-ascs-zone2 という2つのアンマネージドインスタンスグループを作成します。

  1. 次のプロパティを使用して、2つのTCP内部ロードバランサー ilb-sps-ascsilb-sps-ers を作成します。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Name
ilb-sps-ascs
Backend configuration
Region <Deployment region> (e.g., us-east1)
Network lk-vpc
Backends ig-sps-ascs-zone1
ig-sps-ascs-zone2
Health Check
Name hc-sps-ascs
Protocol TCP
Port 51098 (後で作成する、対応するLB Health Checkリソースと一致する必要があります)
Proxy protocol NONE
Request 空欄のままにします
Response 空欄のままにします
Check interval 5 seconds
Timeout 5 seconds
Healthy threshold 2 consecutive successes
Unhealthy threshold 2 consecutive failures
Connection draining timeout 15 seconds
Frontend configuration
Name fe-sps-ascs
Subnetwork lk-subnet
Purpose Non-shared
IP address Ephemeral (Custom)
Custom ephemeral IP address 10.20.0.10
Ports All
Global access Disable
Service label Leave empty
Name
ilb-sps-ers
Backend configuration
Region <Deployment region> (e.g., us-west1)
Network lk-vpc
Backends ig-sps-ascs-zone1
ig-sps-ascs-zone2
Health Check
Name hc-sps-ers
Protocol TCP
Port 51098 (後で作成する、対応するLB Health Checkリソースと一致する必要があります)
Proxy protocol NONE
Request 空欄のままにします
Response 空欄のままにします
Check interval 5 seconds
Timeout 5 seconds
Healthy threshold 2 consecutive successes
Unhealthy threshold 2 consecutive failures
Connection draining timeout 15 seconds
Frontend configuration
Name fe-sps-ers
Subnetwork lk-subnet
Purpose Non-shared
IP address Ephemeral (Custom)
Custom ephemeral IP address 10.20.0.20
Ports All
Global access Disable
Service label Leave empty

作成すると、Google Cloud Console の Network services → Load balancing ページに、2つのロードバランサーが表示されます。

  1. Google Cloud – 内部ロードバランサーを使用する「IP転送を無効にする」 セクションで説明している手順に従って、node-aとnode-bがロードバランサーのフロントエンドIPアドレスを介して通信できるようにします。変更を有効にするには、node-aとnode-bを再起動します。
  1. IPリソースの作成 で説明している手順に従って、以下のパラメータを使用して、node-aとnode-b上のASCSとERS仮想IPアドレスを保護するために、ネットマスク255.255.255.255の2つのLifeKeeper IPリソース ( ip-sps-ascsip-sps-ers ) を作成し、拡張します。 ip-sps-ascs はnode-aで作成され、node-bに拡張されますが、 ip-sps-ers はnode-bで作成され、node-aに拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースはWitnessノードであるnode-cに拡張してはいけないことに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
IP Resource 10.20.0.10
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.20.0.10
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
IP Resource 10.20.0.20
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.20.0.20
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers

IPリソースが正常に作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

  1. ロードバランサーのヘルスチェックに応答する の手順に従って、ロードバランサーヘルスチェック用のLB Health Checkをインストールし、以下のプロパティを使用して2つのLB Health Checkリソース ilb-sps-ascsilb-sps-ers を作成します。 ilb-sps-ascs はnode-aで作成され、node-bに拡張されますが、 ilb-sps-ers はnode-bで作成され、node-aに拡張されることに注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示します。
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
Reply daemon Port 51098
Reply daemon message None (Empty)
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend LB Health Check Resource Hierarchy Wizard
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ascs
Field
Value
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
Reply daemon Port 52098
Reply daemon message None (Emply)
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend LB Health Check Resource Hierarchy Wizard
LB Health Check Resource Tag ilb-sps-ers

リソースが正常に作成・拡張されると、LifeKeeper GUIリソースペインにリソースが表示されます。

  1. node-aの ip-sps-ascs リソースを右クリックし、 [Create Dependency…] をクリックします。子リソースタグとして ilb-sps-ascs を指定し、 [Create Dependency] をクリックします
  1. node-bの ip-sps-ers リソースを右クリックし、 [Create Dependency…] をクリックします。子リソースタグとして ilb-sps-ers を指定し、 [Create Dependency] をクリックします。

両方の依存関係が作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

  1. 次のエントリーをnode-aおよびnode-bの/etc/ hostsに追加して、各仮想ホスト名を対応するロードバランサーのフロントエンドIPアドレスに解決できるようにします。

10.20.0.10 sps-ascs
10.20.0.20 sps-ers

  1. ロードバランサーのヘルスチェックに応答するLB Health Checkリソースのスイッチオーバーとフェイルオーバーのテスト セクションに記載されているように、GenLBリソースのスイッチオーバーとフェイルオーバーをテストします。見つかった問題を修正したり、ロードバランサーのヘルスチェックのパラメーターを必要に応じて調整したりして、正常に動作するようにします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信