ルートテーブルは、サブネット内のインスタンスからのトラフィックを転送する方法を定義します。
詳細については、AWSのドキュメント を参照してください。

このセクションでは、ルートテーブルを作成し、インターネットゲートウェイを経由してインターネットに接続するルートを追加します。

  1. 左側のナビゲーションペインから「ルートテーブル」を選択します。
  1. 左上の「ルートテーブルの作成」を選択します。

  1. このルートテーブルの名前を LK-RouteTable として設定します。また、「名前」タグを定義します。 LK-VPC が関連するVPCとして選択されていることを確認してください。

これらのフィールドを定義したら、「作成」を選択します。

  1. 「ルート」ページに移動し、「ルートの編集」をクリックします。

  1. ローカルトラフィックはすでに定義されています。 次に、「ルートの追加」をクリックします。

  1. 宛先として0.0.0.0/0(任意のIPv4アドレス、つまりインターネット)を入力し、ターゲットとして「インターネットゲートウェイ」を選択します。

  1. インターネットゲートウェイとして「LK-IGW」を選択します。

ルートが0.0.0.0/0に定義されたら、「ルートの保存」をクリックしてウィザードを閉じます。

  1. これでルートが定義されました。

  1. 次に、ルートテーブルと新しく作成したサブネット(LK-subnet-1、LK-subnet-2、LK-subnet-3)の関連付けを行います。サブネットの関連付け」タブを選択します。

  1. 「サブネットの関連付けの編集」をクリックし、「LK-subnet-1」、「LK-subnet-2」、および「LK-subnet-3」を選択します。

これで、新しいルートテーブル(「LK-RouteTable」)が定義され、LK-subnet-1/2/3サブネットに関連付けられました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信