Generic ARK for Load Balancer probe reply からのアップグレード手順を以下のサンプル構成例で説明します。

既存の Gen LB リソース リソース名: GenLB
port : 12345
message : 未使用
親リソース名: gen1
子リソース名: /disk1, ip-192.168.181.203
移行後の LB Health Check リソース リソース名: lbhc-12345
port : 12345
message : 未使用
親リソース名: gen1
子リソース名: /disk1, ip-192.168.181.203
拡張サーバー node2

SIOS Protection Suite/LifeKeeper のアップグレード

  1. クラスター内のすべてのノードで、SIOS Protection Suiteを最新バージョンにアップグレードします ( SPS のアップグレード を参照してください).
  1. リソース階層を以前の設定に復元する必要がある場合に備えて、LifeKeeperの設定をバックアップします。PATH に /opt/LifeKeeper/bin をいれておきます。

lkbackup -c --cluster

依存関係の削除

Gen LB 削除前に依存関係を削除します。

lkcli dependency delete --parent gen1 --child GenLB

lkcli dependency delete --parent GenLB --child /disk1

lkcli dependency delete --parent GenLB --child ip-192.168.181.203

Gen LB の削除

Gen LB の Active ノードで GenLB を Out of Service してから、削除します。

lkcli resource remove --tag GenLB

lkcli resource delete --tag GenLB

LB Health Checkリソースを作成

LB Health Check リソースを作成します。

lkcli resource create lbhc --tag lbhc-12345 --port 12345

lkcli resource extend lbhc --tag lbhc-12345 --dest node2

依存関係の再作成

依存関係を再作成します。

lkcli dependency create --parent gen1 --child lbhc-12345

lkcli dependency create --parent lbhc-12345 --child /disk1

lkcli dependency create --parent lbhc-12345 --child ip-192.168.181.203

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信