このステップでは、ノード間でデータストレージを切り替えることになります。ここでは、あるノードでデータストレージ(本ガイドでは/datakeeperに配置)が利用可能かどうかを確認するための2つのオプションを紹介します。

  • df コマンドの出力を表示します。

  • LifeKeeper GUIdatarep-datakeeper リソースのステータスを確認します。ノードのステータスは「Source」、もう一方のノードは「Target」と表示されているはずです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信