LVM 階層は、論理ボリューム上に配置されるリソースの作成処理中に自動的に作成されます。LVM リソースタイプを含む階層の作成と拡張は、常に、より高位のリソースタイプの作成および拡張プロセスから開始されます。削除と拡張解除についても同様です。

以下の図は、LVM リソースを含む階層全体を示す LifeKeeper GUI のスクリーンショットです。階層内のリソースはタグによるデフォルト表示というより、LifeKeeper ID を明確にするために表示されていることに注意してください。

図 2: LVM リソースを含むリソース階層

図 2 に示される階層はファイルシステム階層です。これは、[Edit] > [Server] > [Create Resource Hierarchy] メニューから [File System] リカバリキットを選択して作成されます。これは、LVM 論理ボリューム /dev/vg1/lv1.1 にマウントされたファイルシステムリソース /lv1.1fsで構成されています。その論理ボリュームは、LifeKeeper ID lvmvg-vg1 で表される vg1 ボリュームグループの一部です。ボリュームグループ vg1 は、/dev/sdc1 および /dev/sdd1 という2つの物理ディスクパーティションで構成されています。階層内の、各ディスクパーティション配下には、さらにディスクデバイス、/dev/sdc および /dev/sdd があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信