LifeKeeper 上に作成する最初のリソースは、IP リソースである必要があります。前述 したように、クライアントは仮想 IP アドレスを使用してアクティブノードを見つけることができます。以下は、このセクションで参照されるIP アドレスのリストです。

ノードのIPアドレス

フィールド
node-a 10.20.1.10
node-b 10.20.2.10

シナリオに基づく IP リソースの IP アドレス

クラウド環境では、IP アドレスを選択する前に クラウド環境でのノードの切り替え を確認し、最も適用可能なシナリオを確認してください。

プラットフォーム
シナリオ
IPアドレスの選択方法 このガイドで使用されているサンプルIPアドレス IPアドレスのデフォルト名
AWS ルートテーブルシナリオ VPC CIDR の外部にある IP アドレス 10.10.10.10 ip-10.10.10.10
Route 53 シナリオ 「アクティブ」ノードに割り当てられているIPアドレス 10.20.1.10 realip
Elastic IP シナリオ IPリソースを作成する必要はありません。このページはスキップしてください
Google Cloud
Azure サブネットで使用可能な IP アドレス 10.20.0.10 ip-10.20.0.10
オンプレミス環境

IP リソースの設定

この例では、AWS の「ルートテーブルシナリオ」で使用する IP アドレスとして 10.10.10.10 を使用しています。

1.LifeKeeper ユーザーインターフェースの ボタンをクリックします(またはEdit > Server > Create Resource Hierarchyを選択します)。

  1. リソースの作成ウィザード(node-a 上)が表示され、保護するリソースのタイプを選択できます。「IP」を選択し、「Next >」をクリックします。

  1. デフォルト値を選択します。入力が必要なフィールドは、「IP Resource」フィールドの仮想 IP アドレス10.10.10.10 のみです。
フィールド
Switchback Type Intelligent
Server node-a
IP Resource 10.10.10.10
Net Mask 255.255.255.0

注記:この値は、ネットワークによって異なる場合があります。

Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-10.10.10.10

ネットマスクなどの値は、ローカルシステムの設定方法に基づいて表示されます。そのため、表示されるデフォルト値は異なる場合があります。

  1. リソースが正常に作成されたことを確認したら、「Next >」をクリックします。
  1. 次のステップは「Pre-Extend Wizard (on node-a)」です。

以下のように、デフォルトをすべて選択します。

フィールド
Target Server node-b
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10

Pre-Extend のチェックは正常に終了しているはずです。「Next」をクリックします。

  1. 次は、「Extend comm/IP Resource Hierarchy (on node-a) です。「Next」をクリックし、各項目を入力します。

フィールド
Net Mask 255.255.255.0

注記: この値は、ネットワークによって異なる場合があります。

Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-10.10.10.10
  1. これで、リソースが拡張されました。「Finish」を選択します。

  1. これで検証が完了し、ウィザードを閉じることができます。
  1. IPリソース(ip-10.10.10.10)が LifeKeeper ユーザーインターフェースに表示されます。

これまで見てきたように、リソース作成ウィザードの質問に答えることで、リソースを簡単に保護できます。ほとんどの値は、環境の理解に基づいて事前入力されているため、ユーザーによる操作は最小限で済みます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信