ここでは、アクティブノードを指す DNS エントリーを作成して、Route 53 を使用してノードを切り替える方法について説明します。

作成するRoute 53のレコードセット

名前
タイプ
node-a A-IPv4 Address 10.20.1.10
node-b A-IPv4 Address 10.20.2.10
node-active A-IPv4 Address 10.20.1.10 (node-a と同じ)

ホストゾーンを作成する

まず、ホストゾーンが必要です(これはexample.comなど、DNSドメインのようなものです)。

  1. AWSのマネジメントコンソールで、Route 53に移動します。
  1. ホストゾーン を選択します。
  1. 「ホストゾーンの作成」を選択します。
  1. 以下の値を入力します。
フィールド
ドメイン名 test.local
タイプ Private hosted zone
VPC の関連付け VPC のリージョンと名前を選択(例: LK-VPC)

  1. これでホストゾーンが作成されました。この時点では、2つのエントリー( NS と SOA )しか作成されていません。

  1. 別の VPC から接続するには、他の VPC を関連付ける必要があります。

VPC の設定に移動し、この2つの値が有効(enabled)になっていることを確認します。

ホストゾーンにエントリーを作成する

  1. 以下に示すようにレコードを作成します。

  1. ホストを名前で解決できることを確認します。

IPリソースを作成する

これで、IPリソースを作成できます。なお、リソースのIPアドレスはアクティブノードである必要があります (node-active.test.cl の IP アドレス: 10.20.1.10). 詳細については、 IP リソースの作成 を参照してください。 アクティブノード (10.20.1.10) のIPアドレスが選択されると、「IP リソースタグ」フィールドが「realip」に設定され、ノードb(セカンダリー)の IP アドレスは 10.20.2.10 2 番目のノードの実際の IP アドレス)に設定されています。これらは、1 番目のノードの「realip」idを選択することで自動的に選択されます。

IP リソースが作成されると、LifeKeeper ユーザーインターフェースは以下のように表示されます。

インスタンスに Route 53 のエントリーを更新する権限を割り当てる

EC2 インスタンス上で動作する LifeKeeper が Route 53 のエントリーを更新できるようにするには、インスタンスに DNS 更新を許可するロールが必要です。

  • route53:ListHostedZones
  • route53:GetChange
  • route53:ChangeResourceRecordSets
  • route53:ListResourceRecordSets

これを実現するには、以下に示すようなポリシーを作成し(アクセスできるリソースを制限する必要がある場合があることに注意してください)、それをロールに割り当てます。

ロールを定義したら、それを EC2 インスタンスに割り当てます。

Route 53 リソースを作成する

Route 53リソースは、IPリソースを作成した後であれば簡単に作成できます。

  1. Recovery KitにRoute 53 を選択します。

  1. 「Create Resource Wizard @ node-a」で、以下の値を指定します。
フィールド
Switchback Type Intelligent
Server node-a
Domain Name (Route53 hosted zone) test.local
Host Name node-active
IP Resource realip
Route53 Resource Tag reoute53-node-active
  1. 「Pre-Extend Wizard」で、以下の値を指定します。
フィールド
Target Server node-b
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
  1. Pre-Extend が完了したら、「Extend comm/route53 Resource」に進みます。「route53-node-active」を選択します。

  1. 「Hierarchy successfully extended」と表示されたら、リソースの作成は完了です。
  1. これで、下図のように Route53 リソースが作成されました。

realip は route53-node-active の下にあることに注意してください。これは、「route53-node-active」リソースが「realip」リソースに依存することを示しています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信