以下の作業は、すべての Recovery Kit を通じて同一の手順からなる一般的な作業のため、LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション管理 セクションで説明しています。

  • リソース依存関係の作成 。既存のリソース階層と別のリソースインスタンスとの間に親子の依存関係を作成し、クラスタ内のすべての対象サーバに依存関係の変更を反映します。
  • リソース依存関係の削除 。リソースの依存関係を削除して、クラスタ内のすべての対象サーバに依存関係の変更を反映します。
  • In Service :リソース階層を特定のサーバで in service にします。
  • Out of Service :リソース階層を特定のサーバで out of service にします。
  • プロパティの表示 /編集 :特定のサーバでリソース階層のプロパティを表示または編集します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信