このオプションは、NetRAID デバイスを作成し、LifeKeeper がサポートするファイルシステムタイプでフォーマットします。ファイルシステムを NetRAID デバイスにマウントし、マウントしたファイルシステムと NetRAID デバイスの両方を LifeKeeper で保護します。NetRAID デバイスとローカルのディスクまたはパーティションがフォーマットされ、既存のデータが削除されます。新しいファイルシステムにミラーを作成し、LifeKeeper で保護する場合にこのオプションを選択してください。このリソースタイプには、1 つの空いているディスクまたはパーティションが必要です。

  1. 要求されたら、以下の情報を入力してください。
フィールド
ヒント
Source Disk or Partition ドロップダウンリストには、 以下のものを除いて 、使用できるすべてのディスクが表示されます。
  • 現在マウントされているもの
  • スワップディスクまたはスワップパーティション
  • LifeKeeper が保護するディスクまたはパーティション<

    ドロップダウンリストには、root (/)、boot (/boot)、 /proc 、floppy、cdrom などの特殊なディスクまたはパーティションも表示されません。

    注記: ソースディスクまたはパーティションは一意に識別できる必要があります。v9.5.0 より、LifeKeeper ではデバイス名を使用してデバイスを識別できなくなります。

  1. 非共有のソースのマウントポイントを選択した場合、以下の画面が表示されます。

  1. 残りの情報を指定してリソースの構成を完了してください。
フィールド
ヒント
New Mount Point 新しいファイルシステムの 新しいマウントポイント を入力してください。これは、複製したディスクまたはパーティションが配置されるマウントポイントです。
New File System Type ファイルシステムタイプを 選択します。LifeKeeper がサポートするファイルシステムタイプのみを選択できます。
DataKeeper Resource Tag DataKeeper リソースインスタンスの一意の DataKeeper リソースタグ名を選択するか、入力してください。
File System Resource Tag ファイルシステムリソースインスタンスのファイルシステムリソースタグを選択するか、入力してください。
Bitmap File

ビットマップのファイル名を入力してください。デフォルトのファイル名は /opt/LifeKeeper/bitmap_$TAG です。

重要: ビットマップファイルは btrfs ファイルシステム(または LifeKeeper for Linux がサポートしていないその他のファイルシステム)上に置いてはいけません。これらのファイルシステム上に置くと、LifeKeeper がミラーを構成しようとした時 "invalid argument" エラーが発生します。
  1. [Next] をクリックして、 確認 画面に進んでください。
  1. 確認画面に、新しいファイルシステムの作成場所、およびローカルのディスクまたはパーティションについて保留中の再フォーマットに関する警告が表示されます。 [Create] をクリックして、 リソースの作成 を開始します。
  1. リソースを新しいファイルシステムに作成するために有効なデータを指定したかどうかが、LifeKeeper により検証されます。LifeKeeper が問題を検知した場合は、情報ボックスにエラーが表示されます。検証が正常に完了すると、リソースが作成されます。ディスクまたはパーティションのサイズにより、ファイルシステムの作成には数分かかることがあります。

[Next] をクリックして次に進んでください。

  1. 新しい複製ファイルシステムのリソース階層が正常に作成されたことを示す情報ボックスが表示されます。複製を開始してリソース階層を LifeKeeper で保護するには、クラスタ内の別のサーバにリソース階層を 拡張 する必要があります。

リソースを拡張する場合は [Next] 、後でリソースを拡張する場合は [Cancel] をクリックしてください。

[Continue] をクリックすると、 Pre-extend Wizard が起動します。リソース階層を別のサーバに拡張する方法の詳細については、 リソース階層の拡張 の手順 2 を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信