ほとんどの Oracle のアップデート/パッチ適用では、システムテーブルドライブへのアクセスのみが必要であり、データードライブ(保護されたDataKeeperのデータードライブ)へのアクセスは必要ありません。

一般的には以下の手順で行うことができます。

手順を開始する前に、プライマリーでブロックフェイルオーバーを設定し、ターゲットでフェイルオーバーを確認します。

  1. スタンバイ/ターゲットサーバーで、以下を実施します。
    1. 適切なアップグレード、パッチなどを適用します。
    2. サーバーを再起動します。
  2. 次に、リソースをアクティブ/ソースサーバーからスタンバイ/ターゲットサーバーにスイッチオーバーします。
    1. Oracle データーベースにアクセスできることを確認します。
  3. もう一方のノード(この時点ではスタンバイノード、手順の当初はアクティブ/ソースサーバー)で、以下を実施します。
    1. 適切なアップグレード、パッチなどを適用します。
    2. サーバーを再起動します。
  4. (オプション)再度スイッチオーバーを実行し、元のソース/アクティブサーバーの Oracle への接続とアクセスを確認します。

パッチが DataKeeper ボリュームへのアクセスを必要とする場合(例:catsbp の実行など)は、ミラーを一時停止/ロック解除して、スタンバイ/ターゲットシステムでアップグレードを実行する必要があります。

バックアップで Oracle を起動できることを確認してから、バックアップノードで Oracle を停止し、ミラーリングを続行します。次に、ソースシステムでアップグレードを繰り返します。

手順の最後に、プライマリーの「block failover」フラグとターゲットの「confirm failover」フラグを削除します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信