• SIOSのソフトウェアは、複数のオペレーティングシステムのバージョンと種類(LinuxとWindowsの両方)をサポートしています。
    • オペレーティングシステムに関係なく、一貫したユーザー体験でミッションクリティカルなリソースを保護します。
  • SIOSは、オンプレミス、仮想化(VMware)、クラウド環境(AWS、Azure、Google Cloudなどのパブリックプラットフォーム、プライベートホスティングのクラウド環境など)を含む複数の環境に対して高可用性ソリューションを提供します。同じツールを異なる環境間で使用することができます。
    • また、ハイブリッド環境にも対応しています。オンプレミスのノードをプライマリーロケーションとして構成し、セカンダリーノードをプライベートクラウドでホストし、3番目のノードをパブリッククラウドに配置して、DR(災害復旧)オプションを追加する構成を組むことができます。
  • SIOSは、Application Recovery Kit(ARK)を含む、アプリケーション対応の保護メカニズムを提供しており、エンタープライズアプリケーションやデータベースの世界的な主要プロバイダーに対応しています。
    • ARKの包括的なライブラリーは、幅広いアプリケーションを「そのまま」保護します。
    • その他の「非標準」またはレガシーアプリケーションは、LifeKeeper Coreの機能である「Generic Application」を使用するか、「Quick Service Protection(QSP)」機能を使用して保護することができます。
  • オープンソースのツール(ユーザーが事前に環境パラメーターを手動で設定し、複雑なコマンドラインパラメーターを入力する必要がある)とは異なり、ウィザード形式のインストールおよび設定画面により、保護が必要なリソースを直感的に選択でき、提供する保護のタイプと範囲を選択しやすくなっています。
    • ウィザードは、システムと環境をスキャンして、保護するリソースを特定します。ほとんどの場合、オペレーターはデフォルトの選択項目を確認し、環境固有のホストIDなどを入力するだけでインストールが完了します。
    • これにより、HAソリューションの設定ミスや、システムやアプリケーションの障害による避けられない予期せぬダウンタイムが発生する可能性を低減することができます。
  • SIOSは、24時間365日のクリティカルサポートを含む包括的なテクニカルサポートオプションを提供しており、予算、システムの複雑さ、高可用性を必要とするアプリケーションの重要性に応じたサポートオプションを提供しています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信