DataKeeper を使用してディスクのレプリケーションを設定する前に、ディスクをレプリケーション用に準備する必要があります。このチュートリアルでは、各ノードに同じサイズの空のディスクを用意することを想定しています。

このガイドでは、例として次のパラメーターを使用しています。DataKeeper がインストールされているローカル環境に基づいて、これらのパラメーターを置き換える必要があります。

項目
Disk Device Name for Replication /dev/xvdb (as the second disk)
Mount point /datakeeper

/datakeeper ディレクトリーを作成する

node-a で使用可能なディスクを確認する

lsblkを使用してマウントするディスクを確認します。以下のスクリーンショットからわかる通り、ストレージデバイス xvdb はまだインスタンスにマウントされていません。

gdisk を使用してパーティションを作成する

gdisk /dev/xvdb を使用して、このディスクにパーティションを作成します。

以下のコマンドを、この順序で入力します。

  • n で新しいパーティションを作成します
  • <Enter> でデフォルトを選択します(パーティション番号)
  • <Enter> でデフォルトを選択します(最初のセクター)
  • <Enter> でデフォルトを選択します(最後のセクター)
  • <Enter> でデフォルトを選択します(HEXコード)
  • w で変更を書き留めます
  • y で操作を確定します

mkfs を使用してパーティションにファイルシステムを作成する

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信